2006年02月02日

【社説】「解放戦後史の再認識」の必要性

【社説】「解放戦後史の再認識」の必要性

2006年2月2日の社説です。
386世代(80年代に大学に通った、現在30歳代で1960年代生まれの世代)の「教科書」ともいえる『解放前後史の認識』(俗称「解・前・史」)の偏向性を指摘した『解放戦後史の再認識』という本が来週出版されるという。』
という記事なんですが。

どちらの本も邦訳はあるんでしょうか。読んでみたいですね。386世代というのは聞いたことがあります。この世代の歴史観というのも反日嫌米の元になっているというのも聞いたことがある。
しかし、韓国でこれを再認識しようという本が出ているそうである。1930年代からの歴史観に関するものだから、かなり日本にも関係ある本だと思います。どう再認識しようとしている本なのか、非常に興味があります。


posted by ヒロ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 朝鮮日報 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。