朝鮮日報中央日報東亜日報の日本語版で隣人の朝鮮・韓国を知ろう。
チケットぴあ

 ソニーはなぜサムスンに抜かれたのか 「朝鮮日報」で読む日韓逆転 (文春新書) (新書) / 菅野朋子


2006年04月30日

安全保障 韓国の安全保障脅かす国「1位北朝鮮・2位日本」

朝鮮日報4/30韓国安全保障脅かす国「1位北朝鮮・2位日本

韓国での電話世論調査ですが、北朝鮮と日本がほとんどならんで30%近辺で、1位と2位です。3位はアメリカです。中国は4位。そのあとわずかながらにロシア。

日本は、決して他国を安全保障で脅かすようなことはしませんということが伝わっていないのです。一連の行動が、平和主義の国ではなく覇権主義復活への道ととられてしまっている。これは両国にとって、利益になるものではありません。「何をバカなことをいっているんだ」と反論してみることは簡単なことですが、理解は得られないでしょう。対北朝鮮にしても、対中国にしても、韓国と反目していては、本当に北東アジアでの孤立国となってしまいます。アメリカ51番目の州です。そんなことでよいのでしょうか。
韓国と反目することは、日本のためになりません。だからといって、領有問題歴史問題をうやむやにしろというわけではないですよ。しっかりと話し合いの席を設けるべきだし、相手の戦中戦後の歴史のことも考えるべきです。
中国は、ロシアとの国境紛争を片付け、周辺大国との争点を消すということをやってきました。
日本だって、うやむやにせず、決着をつけて、憂い無く外交できるようにしないとならないと思います。譲歩、強硬、妥協、それぞれどこでどうするのがよいのか良く考えすすめるべきです。

竹島不法実効占拠はこのままでは何も変わらないし、経済的利点も現状維持なので、他の地域の紛争のことを考え譲歩し、韓国のその他の問題では協力と信頼を取り付ける。
尖閣は譲歩せず、韓国と共同して東シナ海の安全を守る。
北方領土は、妥協して2島返還を行い、ロシアとの平和条約締結を急ぎ、歯舞色丹周辺の漁業権も確保する。エネルギーの共同開発、エネルギー資源の輸入の一極集中の分散化をロシアを使ってできるようにすることと、ロシア市場への足がかりを強固にする。
沖ノ鳥島も韓国米国の支持をとりつけ、島という国際認識を確立する。
東アジア共同体でもインド韓国の支持をとりつけ、環中国体制とし、中国の覇権化を防ぐ。

中国は、韓国をバックアップし始めています。
<竹島問題>韓国の主張に理がある…中国の研究員が認識示す(4/30毎日)

くれぐれも中国韓国を同じような国だと思わないように。誤った認識で嫌ってると、手痛いことが待っているかもしれない。アメリカがどれくらい中国のことを知っているというのか、中に引き込まれ経験がある日本が米韓と協調しないと、また2極化っていう世界にもなりかねない。
朝鮮日報読むとそうそう理解しあえない間柄でもない思いもでてきました。
posted by ヒロ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(3) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

潘長官 潘長官「塩崎外務副大臣に日本の覚醒を求める」

朝鮮日報4/30潘長官「塩崎外務副大臣に日本の覚醒を求める」

潘長官、5/1に話をするようです。
日本が船を出すことにしたきっかけは、韓国名称を提案するということに対して行ったものなので、日本側からすると挑発ではありません。竹島領有問題も、日韓併合とは別物であるということで主張は変わらずしてきているものなので、覚醒せずに言っていることでもやっていることでもないです。
日本が挑発してきたことに対して、積極的にでることになったというのは、自ら挑発にのったと言う事をいっていることになりますが、外交上、相手の挑発にのるというのは得策でしょうか。
韓国側の立場を説明するということですが、韓国側と日本側で双方の主張が相容れない形になっていることは何年も変わっていないことなので、同じことを説明しても、事態は特に変わらないでしょう。
日本側も挑発しているわけでも眠っているわけでもないので、しっかりと話し合うべきでしょう。双方の立場からの歴史をひとつひとつ検証していけば、答えはでてくると思います。日本と韓国は重要な隣国です。お互いを尊重し、しっかりと交渉し、相互理解の道を切り開いていかないとならない。

山本議員韓国ラジオに出演だそうです。
山本一太議員、独島問題で韓国人気ラジオDJと激論

どちらも領有に歴史的根拠がたくさんあるということであるので、やっぱり再度根拠同士を公式に突き合せましょう。両国民が納得するように。

日本人にも、戦後政治や教育の背景があって、歴史認識や政治認識ができあがってきているように、韓国にも、戦後独立や分裂時の政治や教育の背景があって、今の認識が出来上がってきていると思います。それらを清算するよいチャンスととらえ、歴史認識の共有を図っていくことは、両国にとって、決して損にはならないでしょう。雨降って地固まるとなればよいのですが。

まえに、独島運動家はいても、独島研究家はいないという記事は東亜の社説でした。独島研究家は少ないでしたの誤りでした。すみません。朝鮮日報ではありませんでした。
東亜日報4/26[社説]独島問題、堂々としつつ冷静に対応すべきだ
posted by ヒロ at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

安保理 イラン、査察受け入れも 安保理議論中止が条件

イラン、査察受け入れも 安保理議論中止が条件

ちょっと、中央、東亜、朝鮮の各日報紙をみていて気になったのでこのニュースをもってきました。イラン問題による原油価格は韓国経済に破綻しないぐらいの影響を与えかねない問題だと思いますが、日本ではすでに報じられたこのイランの報道が3紙とも入ってきていないんですね。単に更新の頻度によるものなのかわからないのですが。
でも3紙のうちニュースの分類に国際というのがあるのが東亜だけなんですね。他の2紙には国際という記事分類がない。

イラン制裁が起こると当然日本経済も大打撃をこうむることになりますが、韓国経済は破綻しかねません。国際関連というのはそういう重要なニュースもあるのですが、分類されていないというのが不思議なんです。

もっと国際というところに重きをおいたほうがいいんじゃないかと思った次第です。

イラン制裁が起こらないようにイランも動いているようですから、安保理とIAEAも早急に答えて欲しいです。イラン制裁までいってしまうと、世界中たいへんなことになってしまいます。経済は大打撃を受けるし、イスラム原理主義者たちはどんな行動を起こすかわからないという状態になるだろうし。大混乱を引き起こしかねないのですから。
posted by ヒロ at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮日報 中央日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際結婚 国際結婚「韓国人、女性を商品のように扱う」…ベトナム

国際結婚「韓国人、女性を商品のように扱う」…ベトナム

これは朝鮮日報ではなく中央日報のほうの記事なんですが、他国で韓国人が批判を受けているという記事です。ここで、韓国人はこんなことをやっているぞっていうことを言いたくて、この記事をもってきたわけではありません。
ある新聞でこの件を特集して報じたということ、それがベトナムで問題となったこと、そのことを中央日報という大手マスコミが反韓感情が起こっているという報道をしているということ。

韓国は報道の自由もある民主主義国家である隣人です。お互いに尊重すべき隣国だということです。それがやっぱり日本には伝えられていないように思えてならない。

拉致 【社説】北には何も言えず、拉致被害者家族に事実隠す韓国政府

朝鮮日報【社説】北には何も言えず、拉致被害者家族に事実隠す韓国政府

韓国政府の北への弱腰と国民のための政府なのかという批判と、それに対して日本政府の対応を評価する社説となっています。日本は行動して、拉致を認めさせ、拉致被害者を取り返したということを(一部ですが)

今回の北朝鮮関連被害関係者に対する韓国大使館外交部の対応についても、日本と比較し、冷たいというような感じの論評になっています。

竹島問題があるので、日本批判一辺倒かというとそうではなく、日本評価も行うという姿勢があるわけです。

どうも、このように韓国の新聞朝鮮日報を見続けてきて、認識がだんだんかわってきました。日本にいて、こういう情報に触れないでいると、イチローの問題にしても、竹島の問題にしても、拉致の問題にしても、韓国は批判したり、冷淡だったり、怒りんぼだったりという印象を強くもつようになってしまいがちだったのですが、どうもそれは本当の姿ではないんじゃないかと。

東亜日報朝鮮日報のある記事で、韓国では、独島運動家はいても独島研究家はいないというような記事もありました。(間違い!!研究家は少ないでした)

これは、どうも情報が話題性のある部分だけが強調されて伝えられているなと思わざるを得ないのです。日本国民受けする部分が強調されて伝わっている。そうすると情報を受ける側の国民が喜んで反応するからでしょうけれど。こんなことじゃいけませんね。どこの国の民度が低いんだかわかったもんじゃない。
posted by ヒロ at 20:10| Comment(0) | TrackBack(5) | 朝鮮日報 中国北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本外交<コラム> 日本外交3人組の血統が物語る

<コラム> 日本外交3人組の血統が物語る朝鮮日報ではなく、

中央日報のコラムです。たしかに小泉、安倍、麻生の血筋はそういう血筋なんですが、全体主義とかポピュリズムとか民族主義DNAというのがあるわけでもないと思いますから、いまの政治を当時からの血筋のせいにするのは無理があると思います。

問題解決のためには、歴史心理学の研究をすることよりも、歴史的事実の研究をすることをお薦めします。その上で、お互いの利益のためにはどうするのがよいのか交渉しましょう。

中韓が期待するであろう福田康夫元官房長官だって、岸信介に仕え、日中共同宣言を進める田中角栄と対決し、台湾支持をしていた、自民党右派の福田元首相の息子ですからね。
posted by ヒロ at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独島対応「日本はすでに独島対応シナリオを準備」

「日本はすでに独島対応シナリオを準備」
「日本、長期間にわたる報復の可能性も」 朝鮮日報

日本は、国際紛争に武力行使することはない。武力威嚇で取り返そうとすることもない。それは心配しなくていい。朝鮮日報さん。
国際司法裁判所については、何度か外務省が呼びかけているが韓国側が拒否していること。日本側は国際司法裁判所で裁判する際の資料はそろえてあるだろうと思う。

経済関係は別です。そんなにケチじゃないと思います。
国連事務総長はだめでしょうね。支持できないという話は、今回以前からずっとありましたので。今回の問題で決定的にダメ押しになったかもしれません。

1997年の通貨危機のとき日本は冷たかったという分析は違うと思いますよ。欧米の方が先にひきあげちゃったわけですから。どこが冷たかったと分析されているのか示さないと。国民に誤った認識を植えつけてしまいます。

日本側も、領土問題では主張を曲げず、結局は進展させることができていない。実質的に領有できていないのは、竹島と北方4島だが。
外交交渉は、押したり引いたり、それで実をとる方法とすることが必要だと思う。

興味ある提案 竹島と日本海の交換

竹島問題の韓国ノムヒョン大統領談話 正々堂々事実を積み重ねて交渉を

よくチェックしているブログの記事と関連した記事があったので。
posted by ヒロ at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こどもの日「こどもの日」に欲しいプレゼントは?

「こどもの日」に欲しいプレゼントは?
朝鮮日報
なんてことはないんですが、韓国も5月5日が子供の日なんですね。
一番欲しいのは、携帯電話だそうです。

韓国は子育てが大変「韓国は子育てが大変な国」

「韓国は子育てが大変な国」
4/29朝鮮日報

これは日本が調査した結果の記事です。日本も韓国も、欧米にくらべ、子育てが大変な国と認識されているようになっている。教育費などの費用がかかることが大きな要因という意識調査結果になっています。

お金をかけずに教育をするか、それとも教育を行う期間の収入が十分に確保できるような就業形態がとれるかといったような対策が必要だと思います。でも多くの子供の教育費の面倒を国が見るといったことはたぶん不可能でしょうね。

今の日本の費用補助は幼児や児童や出産に関するものであって、本当にお金のかかる教育期の補助ではありません。これではあまり効果が望めないということです。
私はもっとも有効なのは、幼少の育児期は休職しても、その後の職場復帰の壁を取り去ることと、出産や結婚したら家事に専念するという意識を払拭することに力をいれることだと思います。ただ、北欧ではこれに成功している国があるんですが、それによって、女性がつく職業に大きな偏りが生じてしまっているということも確かなようなのですが。

2006年04月28日

ハンミ家族 脱北のハンミ家族と横田さん家族、ブッシュ大統領を会見

脱北のハンミ家族と横田さん家族、ブッシュ大統領を会見朝鮮日報でなく東亜日報でした。

ブッシュ大統領と会うのって、横田さんだけでなかったんですね。知りませんでした。というか日本のマスコミではあまり取り上げられていないですよね。
あの日本外交の汚点となった事件のハンミちゃん家族も会うんです。
これは東亜日報の記事ではありますが、ハンミちゃんのことだけでなく、横田さんのことも報じています。

どうもよく韓国は捏造記事を書く!!偏重している!!という批判もあって、実際にそういうこともあったんでしょうが、日本のマスコミだってほめられるようなことしてないなと、よく感じるようになりました。韓国の新聞、主に朝鮮日報ですが、中央日報東亜日報あたりをみるようになって。

イチローの発言だって、日本のマスコミは「30年」と「屈辱」ばかりとりあげ、それを韓国が批判する捏造記事を書いたといってますが、韓国の新聞だって、イチロー発言の前後を報道しているわけです。
屈辱発言だって、その前に、韓国には良い選手がそろっているっていう言葉がついていて、ファールフライをとれなかったということも後につづいているってことは朝鮮日報をみて知りました。
スポーツで戦うもの同士が対戦前に、絶対勝つとか、まけるわけがないとか、それに対して、何を言うか、なんていうことはどこでもあることです。
チーム同士が自らのチームを鼓舞する発言は出ても当然。

でも、一部の発言、一部の報道を取り上げて、ああだこうだ問題にするのはよくないですね。

それに韓国ハンミちゃん家族とも会うことなんで報道されないんでしょう。六カ国協議は、日本と韓国とアメリカ、共同戦線で行かないと。
posted by ヒロ at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮日報 中国北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。