朝鮮日報中央日報東亜日報の日本語版で隣人の朝鮮・韓国を知ろう。
チケットぴあ

 ソニーはなぜサムスンに抜かれたのか 「朝鮮日報」で読む日韓逆転 (文春新書) (新書) / 菅野朋子


2006年05月31日

東北工程 【記者手帳】中国の「東北工程」に日本も合流?

朝鮮日報 【記者手帳】中国の「東北工程」に日本も合流?

なんで日本は石碑とか持ち帰ってきたんでしょうかね。碑っていうのは、そこにあるから意味のあるものだと思うんですけどね。持って帰るなんてことはしないでほしかったですね。

というのはあまり記事との関連はあまりないです。

渤海高句麗中国とは「朝貢・冊封制度」という関係にあった。日本もこの中に入っていたわけです。聖徳太子のときに抜けたわけではなく、歴史上入ったり、抜けたりしてはいましたが、明確に抜けたと言えるのは、明治維新のときのようです。
明治維新のときというと中国女真族の「」であり、また「」は漢民族でありはしたものの皇帝の出自から周辺国で中華としての正統性が疑問視されたようです。それで、本当の中華を受け継いでいる国は我が国だと言いはじめたのが「小中華思想」ですが、この小中華を唱えた国の中には当然朝鮮もいますが、日本もいます。
の王というのは朝貢冊封されてますし、遣唐使とかも朝貢です。聖徳太子の手紙は有名ですが、決別したわけではない。足利将軍義満日本国王という権威付けをしてもらっている。その前の南北朝時代は南朝が日本国王
朝貢冊封というのは、属国になるというものではないのです。皇帝から王として認められ権威づけする。貢物をしていますが、それ以上に中国からもらって帰るということでもあり貿易関係という意味もあった。原則内政干渉なしの独立国です。

日本人の中にも誤解が多い。朝鮮韓国ずっと中国の属国で、日本中国属国であったことはない聖徳太子以降ないんだと。
歴史的中国との関係でいうと、日本朝鮮も大同小異でしょう。
それが崩れたのが明治時代です。日本はいち早く欧米の文化を入れた。そこからの歴史の動きがまた両国の関係を複雑にするのですね。

中国が「渤海が唐の地方政権であったことを立証する遺物」ということに関しては、韓国が異を唱えているのと同様、日本も異を唱えるべきことでしょう。「朝貢・冊封制度」の関係にあった国は中国の一地方政権ではなかったんですから。

朝貢・冊封制度」と「小中華思想」ですが、誤解してませんか?私も最近まで誤解してました。
posted by ヒロ at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国人 韓国人、実は自民族への誇り強くなかった!?

朝鮮日報 韓国人、実は自民族への誇り強くなかった!?

朝鮮日報によると、シカゴ大のトム・スミス教授が29日、学術雑誌の国際世論調査(IJPOR)で「自民族に対する誇り(national pride)の国家比較」という論文を出したそうです。調査は2003年と2004年。
対象は33カ国。

韓国は22位、日本は19位と、どちらもそれほど高くないという結果がでたそうです。台湾は27位ともっと低い。
第1はアメリカとベネズエラだそうです。

お互いに”自民族の優位性を主張する”と非難する人がどちらの国にも目立ってはいるものの世論調査の結果は違ってしまったようです。

national pride と聞かれた場合、日本韓国では、民族に対する誇りと訳されて調査されたのでしょうか?それともに対する誇り?どちらでしょうね。訳し方によって結果が少し変わるような気もします。韓国はあまり変わらないのでしょうか?
日本だったら、日本民族に対する誇りはあるかときかれるのと、日本国民に対する誇りはあるかときかれるのと、日本国家に対する誇りはあるかときかれるのとでは結果が変わってきそうですね。

民族主義とか民族は、racialism nationalism race nation
国家主義とか国家は nationalism nation
国民は nation

ところで、アメリカの1位ですが、アメリカの場合、自民族と理解して答えたひとと、自国家と理解して答えた人の両方がいるのではないでしょうか?
posted by ヒロ at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮日報 エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

盧武鉉政権【社説】誰が盧武鉉政権を「民主平和改革勢力」と認めたのか

朝鮮日報 【社説】誰が盧武鉉政権を「民主平和改革勢力」と認めたのか
「日本がアジア共同体の構築に中心的な役割を」
「韓国の安保5大原則が揺らいでいる」

反日の韓国、日本にアジアのリーダーを求める韓国韓国大統領に批判的なマスコミ、親北朝鮮韓国政権、それを批判する勢力、ハンナラ党の地方選での優勢、次期大統領はハンナラ党からか?

いろいろな面の韓国が見え隠れする。日本への反感とかライバル意識とか、追いつき追い越せと言う強い思いもあったりする。日本のことをとかく気にする。小泉首相はアメリカに国賓並に扱われることとか、日本はこうなのに韓国はこんなんでどうするんだとか。日本を範とすることも多くある。キムチの日韓交流なんて、民民の交流を大きく取り上げていたりもする。

中央日報 米下院、従軍慰安婦決議案すぐにも上程へ

どうも上程はされるみたいだが、過去の事実関係はしっかりとアメリカも調べた上で決議してほしい。韓国の熾烈なロビー活動があったのだろう。中国ロビーも同調したかもしれない。靖国参拝懸念発言もあったばかりだ。
日本も熾烈なロビー活動をするだろうと書かれているが、それは当然やるべきことでしょう。
しかし、東京裁判というのはアメリカ主導で行われたことに注意しないとならない。日本の言い分をそのまま認めるということは、アメリカの史観を覆すことにもなりかねないから。太平洋戦争世代が多く議会にいるとなると結構やっかいだ。すべてが事実ともいえないところはあるが、スワンのマオでも全員に配ってはどうか。けっこう史観がゆらぐかもしれない。
日本にしても韓国にしてもアメリカを利用すると言うのは世界に向けた宣伝として大きな効果がある。

それにしても、靖国合祀訴訟東京地裁判決の件は特に扱われていないようなのが気になるな。何もいわないのかな。
posted by ヒロ at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮日報 中央日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

鬱陵島 島根県「独島に続き鬱陵島の調査も必要」

中央日報 島根県「独島に続き鬱陵島の調査も必要」

下條教授の鬱陵島の調査というのは、おそらく竹島領有権問題の調査のために鬱陵島からの位置関係や鬱陵島周辺の島の状況等を調べて、竹島ウサン島とは考えられないということを確認するための調査であると思うのですが、この記事の書き方だと、『日本は鬱陵島まで韓国領ではなく日本の領土だ』と言い出すつもりだということを大衆に訴えるような記事にも取れますね。

山陰中央新聞の報道では下條教授は鬱陵島の視察が必要と言っていることは確かに言っている。でも、「竹島の北西の方に位した鬱陵島に対する体系的な研究のために調査する必要がある」こうはいったのかな?

島根県の竹島問題研が中間報告書提出

中央日報の記事では、安竜福(アン・ヨンボク)がいつのまにか将軍になっているのはどういうわけでしょう?漁師が、外交家になって、英雄になって、将軍になってしまった。だいぶ行き過ぎですから自重して頂戴。

韓国の国民もそのうち辟易してしまうんじゃないかと思いますよ。

韓国の政治問題や経済問題では政府批判が韓国マスコミでもことごとく多くて、でも、独島問題では政府と一致してしまうんですよね。

posted by ヒロ at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

国政ブリーフィング【社説】政府は「エセ報道機関」国政ブリーフィングを閉鎖せよ

朝鮮日報 【社説】政府は「エセ報道機関」国政ブリーフィングを閉鎖せよ

韓国政府って、こんなことやってるんだと思う記事です。
マスコミ報道に対して、政府見解を出すって言うのは悪いことではないとは思いますが、その言い方が個人攻撃だったり、政府の言い方とは思えない言い方だったりするってのは問題ですね。

ところで、また黒田勝弘さんの記事なんですが、今日のSAPIO韓国のことを書いてます。黒田勝弘さんは産経新聞ソウル支局長です。

世界最大の反日国家」と「親日国家」が同居する国

嫌いな国 第1位は日本 しかし、学ぶべき国 第1位も日本

黒田勝弘さんの記事
「日本の大衆文化の禁止は韓国人反日だからだろうか。実は違うのだ。逆に親日だから、日本文化は長く禁止されてきたし、まだ禁止が残っているのだ。」
反日感情があるのであれば、何も政府が禁止することはない。禁止しなくても日本が嫌いなら誰も見ないではないか。」
「筆者をはじめ、韓国生活が長い日本人たちがよくいう話に、韓国でテレビや新聞を見なければ、こんな楽しいところはないというのがある。これは何を意味するか。日常生活では反日は見当たらないということだ。」
「政策や行政なども日本に習えだらけだ」
「政権の反日に国民は飽きている」

韓国への対処の仕方として、日本の「良心勢力」(朝日とかのことね。)への働きかけで、世論分裂を狙うことについて
韓国が自らの主張を実現させるためだから不思議ではないし、非難されることではない。だから日本もそれをやればいいのである。先に紹介したように、韓国人および韓国社会には日本に対する興味深い二重性がある。これをうまく利用しない手はない。とくに先の二重構図の中での政府は反日国民は親日に注目したい」

「政権が反日だからといって、国民もみんなイコール反日と思ってはいけない」「人々は昔から日本に親近感が強い。日本の対韓政策は今後、この機微をうまくつくべきだろう。」

納得する記事でした。韓国は、親日国家としての側面ももっているのではないかというのが、朝鮮日報、中央日報、東亜日報などの新聞をみて思っていたことです。反日記事も多いといえば多いですが。だから、反目ではなく、やりようによっては韓国はうまく付き合える国ではないかと思ったのです。良心勢力に訴えてくることを聞いて、その通りにしましょうというわけではありません。日本側から韓国に働きかけることです。建前は反日、本音は親日というのが韓国で、日本以上に建前重視のお国柄なんでしょう。建前は立てながら、本音を引き出しつつ、本音に訴えかけるっていうのは、普段の社会の中での交渉術でもよくある話ですよね。建前に対して、建前をぶつけてもうまい交渉はできないし、お互いを理解することもできないわけです。

日本と韓国を比較した記事がここにもありました。
【コラム】松下幸之助の遺言、イ・ビョンチョルの遺産
『松下幸之助が日本社会に遺したのは遺産ではなく遺言だった。「企業は社会の公器」という有名な言葉だ。』
『偉大な企業家、イ・ビョンチョルの遺した遺産は新世界だけではない。サムスン電子をはじめ、他の企業を思えばイ・ビョンチョルの業績は松下幸之助を上回る。相続過程の合法・非合法を判断するのは裁判所の仕事だ。しかし韓国の大手企業が、個人の手にはおえないほど成長しているのは明白だ。それほど韓国企業は世界的に発展し、社史もぶ厚くなったということを意味している。

『松下幸之助が偉大なのは、一代で築き上げた企業を世界的な規模に育て上げ、成長したわが子のように手元から旅立たせたということだ。同様に、誇らしく発展していく韓国の大手企業も、いつか松下幸之助と同じ道をたどることになるであろうと感じる。』

企業は社会の公器」の意味とか、どっちの企業家の業績が上かとか、自分のふところに企業をとどめておく能力がなかったとかってところは異論がありますが、そこはあえて反論してもあんまり詮無き事。まあ、ここにも日本に習えっていう意識があることは確かなのです。
posted by ヒロ at 11:54| Comment(0) | TrackBack(2) | 朝鮮日報 中央日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

黒田勝弘 フォーサイト 黒田勝弘さんの記事

朝鮮日報ではありません。日本のフォーサイト6月号です。

黒田勝弘さんの
竹島韓国国民をあおる盧政権マインドコントロール』という記事のなかで、『筆者はよく街の人から「先進国の日本があれだけ主張しているのだから何か理由があるはずだ。韓国政府やマスコミは何か隠しているのかもっしれない。教えて欲しい」などとよく質問されるのだ』とおっしゃられています。

ノ・ムヒョン大統領マインドコントロールしているかどうかはわかりませせん。しかし、過去にマインドコントロール的な教育過去の排斥は行われたでしょう。戦後の時代イスンマン大統領の時代です。さらに軍政も続きましたからね。そういう時代に教育を受けた人が多くいるし、今の政権の支持者にも多くいるでしょう。反日についてもその世代が強いようで、20代なんかだと、反日感はだいぶさがるようです。世界に好影響を与える国として日本がトップに選ばれたという話がありますが、韓国で日本が好影響を与える国と考えている人は、40%台半ばで、調査対象とした国の中で、中国と韓国だけが50%を切ったそうです。しかし、反日教育をうけながら、現時点で50%にはとどかないまでもそれだけの人が日本が世界に好影響を与えていると考えていると言うことは、これからやりようによってはもっと増えていくんじゃないでしょうか。

過去にマインドコントロール的教育を受けたのは日本の戦前も戦後も同様。逆転するマインドコントロールで混乱する人もいたでしょう。
ただ戦後マインドコントロールは今でも尾を引いていると思います。マインドコントロールから抜けない人、抜けたけど逆に振り子がふれすぎちゃった人、いろいろいる状態がいまの日本ではないかと思います。

マスコミや出版は、振れすぎちゃった人に迎合する情報をいっぱい流しています。本屋に山済みされてますね。逆の論調や中間的な論調がもっとあってもよいはずなのに、あまり受けがよくないんでしょうね。

マスメディアは大体、毒にも薬にもならない情報を垂れ流しです。

ところでフォーサイトは書店では売ってません。フォーサイトは新潮社の月刊誌ですが、政治・経済・国際問題を主に扱っています。私は定期購読してますが、定期購読専門誌です。フォーサイトの定期購読
posted by ヒロ at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮日報 中央日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独島艦 全長199mの独島艦が試験航海

東亜日報 全長199mの独島艦が試験航海

新鋭の大型揚陸艦だそうです。独島艦だって。

日本は紛争解決のために、武力行使をしませんから、独島艦なんていう名前の船つくらなくてもいいのに。

それに日本は、戦車や兵員を運んで揚陸戦をするためのような揚陸艦は持っていません。それに艦艇を運ぶような空母も持っていません。専守防衛と言ったら、専守防衛なんです。防衛能力抜群の日本自衛隊ですが、攻める意思はないんですから、攻めるための武器は持っていない。
進入を阻止し、守るための武力と、監視するための情報施設です。

上陸してきた敵を、背後から揚陸して突くようなこともできません。
そういう自衛力なんです。そういうことをもっと周りの国にも理解して欲しいし、政府も理解させて欲しいな。

ところで、竹島周辺海域での調査船海上保安庁待機時の話ですが、韓国側艦船との間では、国際法を犯すようなことはしないということで連絡をとりあっていたとのこと。現場はお互いに冷静に対処しています。衝突してもどちらにもメリットはないですからね。
そうして政府上層部の交渉を待っていた。

posted by ヒロ at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

南北会談 【社説】南北会談とミサイル発射準備は別のもの

東亜日報 【社説】南北会談とミサイル発射準備は別のもの

これも北朝鮮韓国政府に対しての批判記事です。こんながけっぷち外交するなといったこと、もし北朝鮮がミサイル発射なんてことをしたら、孤立を深めるだけで、中国も喜ばないだろうと。それと、韓国ももしそんなことになったら、これ以上太陽政策の必要はないというようなもの。北朝鮮といっしょに心中するような国際的孤立の道を歩むなってことです。

韓国政府にも『「安保」と「交流協力」をこれ以上混乱するな。』という批判をしている社説です。

韓国大統領の太陽政策も、国内での支持率同様、けっこう批判の的になっていることは確かです。韓国全体が太陽政策を支持しているわけではないということを日本の人たちも知っててもよいでしょう。韓国をひとまとめにして北朝鮮を擁護する人たちだという風に考えるような単純思考はやめましょう。
posted by ヒロ at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮日報 中国北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民族主義 【歴史】「韓国社会は排他的民族主義から脱却せよ」

朝鮮日報 【歴史】「韓国社会は排他的民族主義から脱却せよ」

韓国の朴枝香(パク・ジヒャン)ソウル大学西洋史学科教授が寄稿している朝鮮日報の記事です。韓国の根強い民族主義について。

民族主義者でない限りは、割とどこの国でもこういう考え方を持っていったほうがよいと考えるんじゃないかな。

『日本はいまだ理解し難い隣人ではあるが、韓国の今の若者は日本に対し引け目を感じる必要はないと感じており、日本に対する敵対心も強くないようだ。』

負い目、引け目は感じる必要はありません。敵対心は強くないのは良いと思います。強くしないでください。競争心はいいですよ、お互いに切磋琢磨できるから。協力もしましょう。

隣人を理解するというのは難しいことです。自分の家の隣人だって理解できない人は多いでしょう。ある国の人を大ぐくりで、こういう人たちだって理解をしようとしたって、なかなかできるもんじゃない。環境が同じとか、教育が同じとかっていう面からみて、血液型でくくるほど乱暴なことではないとは思いますが、ある型枠にあてはめて、こういう人たちだと理解しようとしてもできるもんじゃありませんし、あてはまるものでもありません。
日本にだって、いろんな人がいるし、韓国にだっていろんな人がいるっていう風に考えたほうがよいと思います。
posted by ヒロ at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮日報 エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

北朝鮮[社説]何ともいえない「姻戚」

東亜日報 [社説]何ともいえない「姻戚」

記事の内容は、拉致を行っている北朝鮮への批難と、無策の韓国政府への批難です。横田めぐみさんと金英男さんについて。日本が粘り強く調査した結果判明したのに、韓国政府はなんだという内容。日本がみつけてくれたっていう記事だって、だいぶ前にあった。

最近横田さんが韓国へいって、こういう論調が出てきたわけではありません。もっと以前から韓国朝鮮日報東亜日報中央日報も、北朝鮮批難、韓国政府批難をやっているわけです。

横田さんが行って日本のメディアはやっと韓国でも報道されるようになったというようなことを言ってますがそんなことはない。

日本のマスコミだけをあんまり信用しないほうがよいですよ。
小泉劇場も自分たちは踊らされたみたいなこと言っているし。自分たちが好きでやったんでしょうが。
posted by ヒロ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮日報 中国北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。