朝鮮日報中央日報東亜日報の日本語版で隣人の朝鮮・韓国を知ろう。
チケットぴあ

 ソニーはなぜサムスンに抜かれたのか 「朝鮮日報」で読む日韓逆転 (文春新書) (新書) / 菅野朋子


2006年10月26日

北の核実験後、韓国でコンドームがバカ売れ

朝鮮日報 北の核実験後、韓国でコンドームがバカ売れ

韓国統一相辞任のニュースについて書こうと思ったらこんな記事が。

もしかしたら死ぬかもしれないから、その前にってことでしょうか?

日本ではこんな現象起こっているのかな?

日本に起こっていなくて、韓国に起こっている現象だとしたら、一般大衆レベルでは、本能的に危機感を感じているのは韓国人のほうかもしれないですね。

日本はまさか日本に向けてを撃ったりはしないだろう。そこまでとちくるってはいないだろうと。崖から飛び降りはしないでしょうと思っている。

韓国人のほうは、隣ですから、が使われないにしても、通常兵器での衝突は何かのきっかけに起こりえるかもしれない。

ところで、韓国統一相の辞任ですが、政策が誤っていた、誤った結果、北朝鮮を持つまでに至ってしまったという認識はこれっぽっちもないようですね。韓国大統領もです。辞任の理由は混乱したからであって、その後の後任者も同じうように大統領の政策を支持していくだろうってことですから。

韓国大衆も反応し、新聞も批判している状況を韓国政府はどうみているんでしょう。国際的圧力も韓国に対して高まってきているようですし。
posted by ヒロ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮日報 中央日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

北朝鮮核問題【社説】いっそ「北が核を持ったからどうした」とでも言えばどうか

北朝鮮核問題 朝鮮日報【社説】いっそ「北が核を持ったからどうした」とでも言えばどうか

皮肉たっぷりの朝鮮日報の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領対北朝鮮政策に対する批判です。

韓国は、国連安保理決議の進展とは別に
『盧武鉉政権はこれに飽きたらず、「国連決議案とは関係なく、金剛山観光と開城工業団地事業は継続する」』
と決めているようですね。
たしかに、安保理決議は、武力行使はなし、軍事関連の輸出入制裁・資金凍結に限られるような内容になって、通常物資の援助や日本がやっているような経済活動の凍結みたいなところまでは決議しないようではありますが、でもアメリカは、間接的に軍事的に援助になるような経済活動も制限しようとは考えているようで、明日の未明に出される決議がどうなるか注目されるところです。

『いっそ世間知らずの386(1990年代に30歳代で1980年代に大学に通った1960年代生まれの世代)のように、「北朝鮮核武装したくらいで何だ。統一すれば、それもわれわれの武器になるのに…」』これも大統領に対しての皮肉ですよ。

私と同じ世代だ。でも日本のこの世代は左よりではありません。右よりともいえない世代ですね。中間世代。もっと上の団塊世代は安保闘争時代ですから、左より活動が活発だった世代、でも経済活動のほう重視の世代でもあるので、今は左より世代ともいえないんでしょうね。

日本の朝日新聞は、日本の経済制裁が強硬で孤立しないかなんてことを書いている。逆に韓国の朝鮮日報は韓国政府のやり方を批判している。

韓国もジレンマ、中国もジレンマ、日本だって、日本を人質にとっての国際社会への恫喝とも言われているけれど、日本もできることは限られている。

北朝鮮には、祝電を打ってくれとか言われてしまう。国際社会を恫喝し、何もできないとなめているのか、それともぎりぎりまで強がっているのか。

北朝鮮が崖から自ら落ちる日も近いのかもしれないが、それはそれで、東西ドイツのときのようにすんなりくっついてくれればよいが、難民があふれ出したり、軍が暴発するような事態にはなっては欲しくないもの。
posted by ヒロ at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮日報 中央日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

北朝鮮核実験【社説】北核実験が「小さな問題」という盧大統領

北朝鮮核実験に関して中央日報 【社説】北核実験が「小さな問題」という盧大統領

盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領太陽政策の見直しを言い始めたはずではあるのですが、でもまだ早急な対処を行うのかどうか、わかりませんね。この問題は、2,3ヶ月でできる問題じゃないというような発言もしているようですし、北核実験に対して、隣の国の大統領が小さな問題というのもなぜでしょう。もしかしたら、北朝鮮は崖っぷち外交で、とうとう崖っぷちから落っこちるかもしれないというのに。

金大中元大統領太陽政策の継続を示唆しているようです。

しかし、中央日報の世論調査の結果は
<世論調査>「太陽政策変えねば」78%「韓国も核持つべき」65%

太陽政策を変えねばならないというのが圧倒的であり、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の考えが変わるだろうという期待もこめてだろうと思われる調査結果も高い数値をしめしています。
しかし、核保有の回答も多いというのも懸念されるところです。核拡散を容認してはならないし、核拡散を韓国国民も望んではいけない。最重要なのは、北朝鮮の核を無くすことであって、自分が核を持つことではない。脅威を取り除くことに全力を挙げるべきであって、核をもつことはそれこそ、チキンレースにまきこまれることになる。

中央日報 核実験の責任「韓国のせい」47%、「北のせい」43%
ネット世論調査 韓国のせいというのは太陽政策のことをさしているのでしょう。しかし、さすがに日本のせいという回答はなかったそうです。

太陽政策が北朝鮮にとって、どう作用しているのか、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領も、金大中元大統領ももっとよく考えてくれないか?

韓国国民の支持も、国際的な支持も得られていない。

posted by ヒロ at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮日報 中央日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

北朝鮮【核開発】盧大統領「太陽政策を主張し続けるのは困難」

北朝鮮【核開発】盧大統領「太陽政策を主張し続けるのは困難」 朝鮮日報

盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領はこのまま太陽政策を続けるのでしょうか、それともこれを機会に転換するのでしょうか。

北朝鮮は明らかに、援助されている分を人民に恩恵を与えるような使い方をしたのではなく、軍事的目的に流用してしまっている。そして、隣国韓国、日本に脅威を与えている。北東アジア情勢が緊迫しているって話もありますし、北朝鮮が核をもったことで、これからの時代、核不拡散を目指してきたのに、核拡散時代とか核散乱時代になってしまうということも言われている。北朝鮮は、今後恫喝方法として核を使うという方法ではなく、核を散乱させるという恫喝にでてくるんじゃないかという見方。それで、国際社会に対しての崖っぷち外交、瀬戸際外交を続けていくって。

を持っていない国に渡すとか、テロリストに渡すとか、北朝鮮にはミサイル輸出という前科もある。

イランとはまだ取引しようとしている動きはないとアメリカはみているらしいっていう報道はあるんですが、今後はどうでしょうね。でもイランも、北朝鮮と組むようになったら終わりですよ。もし北朝鮮と取引したら国際社会から無法者のレッテルを貼られるのは逃れられない。

手段を選ばずという組織や国が北朝鮮と取引するかもしれません。

まだまだ核兵器を使ってくるってことはないと思います。使ったら最後、国体が滅ぶだろうぐらいはわかっているだろうから。
でも恫喝外交は続くでしょうね。

問題は韓国です。国民に信頼されない大統領、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領と政府はどう動いていくでしょうか。しっかり国際協調してくれるでしょうか。

国連事務総長は安保理決議を最大限尊重しないとならない人ですしね。そういう人を今度、出すんだから。ここでまた北朝鮮よりのことを続けていたら、ますます国際的な地位低下を招くでしょう。ウォン高で経済的にも苦しくなっているのに、政治的にも地位低下を招いて埋もれていく。

軍事統制権も今の大統領のままだと、早期に韓国に返すってことが決まりそうです。でも軍事統制権が返されるころには大統領も与党も変わっていそうです。望んでいないのに、前の大統領のおかげさまで返していただきましたということになっちゃうんでしょう。

子どもたちを前に、支配する階級と支配される階級って話をして、わかりましたか?なんて聞いている盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領

これを機会に、考えを改めてくれないものでしょうか?

韓国国民もこの盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の今の行動は望んでいないはず。弾劾とまでは行けないのでしょうね。まあ、今は弾劾なんてやってる場合じゃないでしょうが。




posted by ヒロ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 朝鮮日報 中国北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

北朝鮮【核開発】北「核実験成功」発表

【核開発】北「核実験成功」発表

北朝鮮 核実験 やってしまいました。
安倍首相が中国と首脳会談し圧力をかけると同意した翌日であり、韓国と首脳会談する日です。

北朝鮮にはまともな国際情勢の判断力があるのでしょうか?

北朝鮮の自制というのは効くのでしょうか?

北朝鮮は国際社会に耳を貸すのでしょうか?

NPT 核不拡散条約なんか無視し、6カ国協議も無視、国連の安保理議長声明も無視。

なんて危ない国を、日本と韓国は隣に持ってしまっているんだろう。

韓国は緊急会議に入っているようですが、安倍首相は首脳会談をどうするんでしょうね。緊急共同声明でもだせばどうですか、韓国といっしょに。
そうすると、最近孤立気味だった韓国も表に立てるでしょうし、日中韓米の共同包囲網ができあがることになる。

しかし、包囲された北朝鮮はどうでるでしょうか?経済制裁され、包囲された北朝鮮はどうでるでしょうか?
戦争するような力はあまりないとは思うんですが、それでも戦争した国が日本でした。

あなたたちは、あのときの日本のようなことをやるんですか?といいましょうか?

だけでどうにかなるわけでなく、もし核を撃つようなら狂った政権といわざる終えない。今の状況でもそうとう狂っている。このうえを撃とうという動きまでみせたりすると、トマホークやバンカーバスターとかがアメリカから飛んでくるんじゃないですか。

核実験して、をもってもどうしようもない。自国の人民を飢えさせているだけ。の抑止力にをもつというのも、浅はかではあると思う。

が日本や韓国にあろうがなかろうが、撃つときは撃つだろう。だって撃ったときが北朝鮮という国の終わり。自国のとどめになる核を撃つなんて、狂っているとしかいいようがない。そんな国なら相手がをもっていようがいまいがどっちでも撃つときは撃つでしょう。自己破滅するのに。

を無力化する方法がないものか?もしもの場合に備えた自衛の手段は必要だと思うし、撃たれたときに抑撃すること、撃とうとしている基地を叩くこと、そういったことは十分考えていいんじゃないか。



万が一の場合に備えるのが危機管理です。

韓国ともよく話し合ってきてほしい。
posted by ヒロ at 14:30| Comment(0) | TrackBack(2) | 朝鮮日報 中国北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

【核開発】潘基文・ライス電話会談「北朝鮮の核実験は断固反対」

朝鮮日報 【核開発】潘基文・ライス電話会談「北朝鮮の核実験は断固反対」

潘基文さんも頭の痛いことでしょう。北朝鮮に対しての政策を今までどおりに進めるわけにもいかないでしょう。強硬姿勢を見せないと、国連事務総長の座が危うくなります。有力な対抗馬がいないのが救いかもしれませんが。どの候補者も常任理事国の反対票が入ってますから。タイはクーデターが起こってしまったばかりなんで、事務総長は難しいでしょう。

弱気な姿勢を韓国がとり続けると、アメリカが怒りますから。中国、ロシアが北朝鮮に対する強行制裁には反対でも、韓国もそれに同調するわけにもいかなくなってきましたよ。

韓国の北朝鮮政策の行方次第で圧倒的に優位な事務総長候補になったばかりなのに、一挙に転げ落ちる可能性だってあります。

そうすると、次の有力候補はインド?でもどこかの常任理事国が反対してますね。中国でしょうか?どこでしょうか?

大統領のほうは
安倍首相に14時間遅れで盧大統領やっと言及
こんな感じ。
posted by ヒロ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。