朝鮮日報中央日報東亜日報の日本語版で隣人の朝鮮・韓国を知ろう。
チケットぴあ

 ソニーはなぜサムスンに抜かれたのか 「朝鮮日報」で読む日韓逆転 (文春新書) (新書) / 菅野朋子


2006年06月24日

対日軍事防御論【社説】大統領の「対日軍事防御論」、またいったい何の話か

朝鮮日報 【社説】大統領の「対日軍事防御論」、またいったい何の話か

『わかりやすい例で、日本の首相が同様な話をした場合を考えてみよう。誰より黙っていないのは大統領本人だろう。5年間の任期のうち3年が過ぎた時点になっても、まだ大統領に「発言に注意して欲しい」と頼まなければならない韓国民の境遇が情けない限りだ。』

韓国大統領が発言しても、今の韓国大統領韓国国民の支持を受けることができていません。さらに、朝鮮日報の社説でこうも発言を批判されてしまうわけです。
韓国では、軍事的にシミュレーションした場合の結果と言うのもだしてみたそうですが、日本の海上自衛隊のほうがはるかに戦力が上で到底勝ち目はないという結果になったそうで、それもあって韓国大統領はこういう発言をしたのかもしれない。

しかし、日本はたとえ不法占拠されていても、国際紛争解決のために武力行使をすることはありません。日本も韓国大統領の発言に対して抗議というか、日本の意思を公言すればいいのに。武力行使することは絶対にありませんって。なんでいわないんでしょう。教育のせいってのが大きいけれど、日本が大して言わないってのもよくないですよ。反日感情というのをもち続けることに対して。
竹島は領土紛争地域となっているので、自衛隊で取り戻そうということを、イギリスがフォークランド紛争でやったようにやることはないのです。

竹島は2国間交渉ではどうにもならないでしょう。主張することは変わらず歩みよりはみせず、まとまらないままです。

国際司法裁判所は、今の日本のやり方では使えないでしょう。韓国側には国際司法裁判所にもっていく理由がないのですから。逃げているとか、分が悪いからという言い方がされているようですが、なんで利になることが何もない、ここは自分の領土だと確信して言っている人たちが裁判に持ち込むことを了解するのか?了解すると考えるほうがおかしいじゃないですか。韓国側には裁判にかける利はないのです。

じゃあ、韓国に裁判にかける利があるというように考えさせるにはどういう戦略をとらないとならないかということを日本の政治は考えないとならないわけです。(政治家とか外務省とは書きません。どんな問題でも誰かに任せておけばいいという考えが問題を解決しない大きな要因でもあるのですから。政治家や行政に任せておけばいい、自分は関係ない、いいたいことだけ言ってるってのも、決して政治的民度は高くないといえると思います。)

国際的に韓国の領土じゃないんじゃないかと考えさせるようにしていかないとだめでしょう。積極的に解決を図るなら。しかし、これもそうそう簡単じゃないですよ。周辺国は日本と領土問題を抱えているから味方するわけないですし。2国間のことを言われても何もコメントはできないという国が大多数でしょう。

また、裁判所に引っ張り出せたとして、竹島を日本の領土と認めてもらうことのデメリットも考えないとならないです。まず、韓国の反日感情は高まることになるでしょう。他の国は公式には何も言わないでしょうし、それほど大きな影響はないでしょう。関心なしという国が多いでしょう。

とは言っても、韓国大統領が言ってくることを丸呑みすることもやってはいけない。反論しないとならないし、言うべきことをいわないと。外交で沈黙していてはいけないのです。

歴史教科書作りからやってみたらどうでしょう。周辺国条項におとなしく従わない人たちも入れて、フランスとドイツが共同教科書を作ったように。何年かかるかわからないですが。

朝鮮日報【W杯】韓国代表、疑惑の判定に泣く
朝鮮日報【W杯】「奇跡は起きなかった」…日本、決勝T進出ならず

ワールドカップサッカーは日本韓国もグループリーグ敗退となってしまいました。アジア勢は全滅です。残念です。

朝鮮日報【W杯コラム】ドイツの愛国心論争

ところで、こんな記事が。日本ドイツも同じようなトラウマを抱えている。韓国も隣の国なんだから、日本ドイツと同じような状況にあるんだということを知ってください。
posted by ヒロ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

朝鮮日報は「売国新聞」なのか−盧大統領の発言について
Excerpt: ■韓国の盧武鉉大統領が今月22日に、海洋警察幹部を招いての激励において、日本を敵視する発言した事について批判がでているようだ。朝鮮日報の社説を読んでみると、確かに大統領の軽率な発言について批判している..
Weblog: 「ぼくら党」の言論ブログ
Tracked: 2006-06-27 06:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。