朝鮮日報中央日報東亜日報の日本語版で隣人の朝鮮・韓国を知ろう。
チケットぴあ

 ソニーはなぜサムスンに抜かれたのか 「朝鮮日報」で読む日韓逆転 (文春新書) (新書) / 菅野朋子


2006年10月10日

北朝鮮【核開発】盧大統領「太陽政策を主張し続けるのは困難」

北朝鮮【核開発】盧大統領「太陽政策を主張し続けるのは困難」 朝鮮日報

盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領はこのまま太陽政策を続けるのでしょうか、それともこれを機会に転換するのでしょうか。

北朝鮮は明らかに、援助されている分を人民に恩恵を与えるような使い方をしたのではなく、軍事的目的に流用してしまっている。そして、隣国韓国、日本に脅威を与えている。北東アジア情勢が緊迫しているって話もありますし、北朝鮮が核をもったことで、これからの時代、核不拡散を目指してきたのに、核拡散時代とか核散乱時代になってしまうということも言われている。北朝鮮は、今後恫喝方法として核を使うという方法ではなく、核を散乱させるという恫喝にでてくるんじゃないかという見方。それで、国際社会に対しての崖っぷち外交、瀬戸際外交を続けていくって。

を持っていない国に渡すとか、テロリストに渡すとか、北朝鮮にはミサイル輸出という前科もある。

イランとはまだ取引しようとしている動きはないとアメリカはみているらしいっていう報道はあるんですが、今後はどうでしょうね。でもイランも、北朝鮮と組むようになったら終わりですよ。もし北朝鮮と取引したら国際社会から無法者のレッテルを貼られるのは逃れられない。

手段を選ばずという組織や国が北朝鮮と取引するかもしれません。

まだまだ核兵器を使ってくるってことはないと思います。使ったら最後、国体が滅ぶだろうぐらいはわかっているだろうから。
でも恫喝外交は続くでしょうね。

問題は韓国です。国民に信頼されない大統領、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領と政府はどう動いていくでしょうか。しっかり国際協調してくれるでしょうか。

国連事務総長は安保理決議を最大限尊重しないとならない人ですしね。そういう人を今度、出すんだから。ここでまた北朝鮮よりのことを続けていたら、ますます国際的な地位低下を招くでしょう。ウォン高で経済的にも苦しくなっているのに、政治的にも地位低下を招いて埋もれていく。

軍事統制権も今の大統領のままだと、早期に韓国に返すってことが決まりそうです。でも軍事統制権が返されるころには大統領も与党も変わっていそうです。望んでいないのに、前の大統領のおかげさまで返していただきましたということになっちゃうんでしょう。

子どもたちを前に、支配する階級と支配される階級って話をして、わかりましたか?なんて聞いている盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領

これを機会に、考えを改めてくれないものでしょうか?

韓国国民もこの盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の今の行動は望んでいないはず。弾劾とまでは行けないのでしょうね。まあ、今は弾劾なんてやってる場合じゃないでしょうが。




posted by ヒロ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 朝鮮日報 中国北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

韓国・太陽政策の誤算
Excerpt: 元を辿れば同じ民族なのに、仲が悪いというのは、ままあること。 日本でも大阪と東京は文化、言葉、習慣が違うだけでなく、われこそが日本の主導とばかりに昔から関東人と関西人は仲は決してよくなかった。 ..
Weblog: かきなぐりプレス
Tracked: 2006-10-10 22:57

今話題の北朝鮮問題に関するなぞかけを紹介します。
Excerpt: 毎日楽しいなぞかけをつくっています。「北朝鮮に対するアメリカの姿勢」とかけて・・・
Weblog: なぞかけブログ
Tracked: 2006-10-17 10:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。