2007年12月13日

韓国選手が審判の判定に抗議した発言を歪曲?

朝鮮日報 ア大会HP:判定に抗議した韓国選手の発言を歪曲?

歪曲ってのは、結局のところお互い様なんですよ。

言葉の裏側まで、他国の言語で話す内容をしっかり間違いなく伝えろというのがなかなか簡単な事ではない。

自分の取りたいように相手の発言の意味を取るのが、常なんです。

どこの国でもだいたいそう。

韓国と中東だろうが、日本と韓国だろうが、韓国と中国だろうが、日本と中国だろうが、自分の取りたいように相手の発言の意味を取る。それが相手にとっては歪曲だとなるわけです。

意図的な歪曲だと非難することになるんですが、意図的な歪曲を行っているようなつもりはあまり無い場合も大いにある。

歪曲と非難の仕合で、泥沼化してくのがよくあるわけですね。

「バカの壁」ってのも一種あるんでしょう。
「バカの壁」っていうのは、一方的にどちらかにあるのではなく、両方にあるんですからね。その辺を勘違いしないように。

人の振り見て我が振りなおせというのも、よく頭において行動しましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。