朝鮮日報中央日報東亜日報の日本語版で隣人の朝鮮・韓国を知ろう。
チケットぴあ

 ソニーはなぜサムスンに抜かれたのか 「朝鮮日報」で読む日韓逆転 (文春新書) (新書) / 菅野朋子


2008年04月19日

朝鮮日報をみると韓国社会への影響は大きい

http://www.chosunonline.com/article/20070419000026朝鮮日報

朝鮮日報の記事では次々、米韓国青年銃乱射事件のことが取り上げられています。遺族に韓国への憤りはないという報道もありますが、遺族はそういう偏見を表には出さないでしょうね。でも全くないということはないとは思います。

もし自分の家族が、国ではなくても、ある属性の組織の一員に殺された場合を考えると、例えその組織に責はなく、あくまでも加害者個人の問題であったとしても、その組織とは少なくとも関わりたくはないと感じるでしょうから。

アジア系の人間と聞いたとき、中国、朝鮮・韓国、日本の国民はお互いの国の人間でないことを祈ったのではないでしょうか?
そして、韓国と聞いて、日本と中国は安堵した。
この心情は理解できます。自分と同じ国の人が海外でこんな大きな事件を巻き起こすなんてというのは。

しかし、その後に、今回の場合は韓国ですが、中国や日本で韓国バッシングのような話をする人がいるのは不快ですね。
韓国人だからやったわけではないです。
日本人にだって被害者意識を猛烈にもって暗鬱に復讐を考えている人だっているかもしれない。
英国人女性を日本人男性が殺したというのもあったばかり。
日本国内では銃は規制されているため包丁が多いですが、包丁持って連続殺人というのもあった。

朝鮮日報社説【社説】米国市民の衝撃と悲しみを分かち合おう

書きたかったことの大部分はこの社説に書いてある。

あと、北東アジアの3極がこういう問題で、「それみたことか」、みたいな言説を当然のように言うような関係ではない友好的関係を作れればよいのに。

こういうことで、韓国人というのはああだこうだというような人間が多い国であったら、尊敬される国になんかはなれないし、アジアのリーダーになる資格もない。アジアの中の日本じゃなくて、日本は世界の中の日本だといったとしても(脱亜入欧みたいなもんでしょうが)したって、そそのかされて火中の栗を拾う国にしかなれないでしょう。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070419-00000103-jij-int
この記事へのコメント
過ぎた事とはいえ心を痛めていたのですね。あの事件は人種とか民族は関係ないと思います。誰でも特にアメリカ人で似たような境遇なら誰にでもあると言う事。あんまり民族性とかこだわらなくてもいいような。それより韓国の人たちがあまりに復讐とか恨みうんぬんにこだわりがありすぎるのでは。韓国のドラマを見ていると復讐とか恨み毎回とでてきます。確かにそれらも大切ですがいつまでも固執していたら大切な物事が見えなくなるのでは?復讐恨みその繰り返し何が生まれるのか。あるのは永遠に続く戦い。無意味、本当に子供達に残せるのは教育では。それらも恨みや復讐ばかり教えるのではなく、グローバルコリアと言うのならそろりと、それらの言葉の通りに実施したら韓国はきっとどごの国より素敵な強い国になると思います。かんこくは力があります。未来思考頑張って下さい。今の日本よりまともだと思います。
Posted by はるさん at 2013年08月11日 17:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39379520

この記事へのトラックバック

脱北者が日本に漂着
Excerpt: 北朝鮮からの脱北者4名が乗った漁船が青森県の海岸に漂着したというニュースは驚きだった。 韓国に亡命するのが困難だったため、日本を目指したということだが、このような小船で日本まで日本までたどり着いたと..
Weblog: sakochiの韓国留学後日記(新館)
Tracked: 2007-06-04 01:47

石田えりが乳首をコリコリされて変なアエギ声を出してる動画は下から【12分】 
Excerpt: 石田えりの例のアレと聞いて、もうご存知の方が多いですね。 石田えりのプライベート…そうです例のアレです。 まだ見てない方は、とりあえず、見といて損はないでしょう。 石田えりさんの元夫・芳野藤丸(..
Weblog: 石田えり  プライベート流出動画
Tracked: 2010-11-11 13:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。