朝鮮日報中央日報東亜日報の日本語版で隣人の朝鮮・韓国を知ろう。
チケットぴあ

 ソニーはなぜサムスンに抜かれたのか 「朝鮮日報」で読む日韓逆転 (文春新書) (新書) / 菅野朋子


2006年06月08日

ニューライト財団 ニューライト財団

東亜日報
[社説]「歴史と価値」を正すニューライト財団
「ニューライト財団」、どんな事業を推進するのか
中央日報に寄せられた掲示板に載っていた文化日報のコラム

このニューライト財団の動きをどうみるか?

ニューライト財団については、Newsweekの5.24号でも「反日大統領に国内からNO」という記事として載っている。

韓日米同盟
統治時代とその後の時代の近代化

ニューライト財団ネオコン(新保守主義)とよばれているらしい。
また経済思想的には、ネオリベにちかいみたいです。
新自由主義ですね。
自由主義(リベラル)や社会民主主義とは違う。

『現政権は国際協調を帝国主義への服従と同一視している』
『従来の教科書的な歴史観を批判する書籍を出版。・・・書籍に並ぶと即日完売した』
『最近のある世論調査によれば、新保守主義に好意的な人は全体の75%にのぼった』

この本よんでみたいんだけど。

ニューズウィークの記事はここに
posted by ヒロ at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮日報 中央日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

盧大統領 盧大統領の支持率20.2%…就任以来最低に

朝鮮日報 盧大統領の支持率20.2%…就任以来最低に

朝鮮日報の出しているグラフの評価できると評価できないは誤植でしょう。支持率最低なんだから、評価できるが20.2%なんでしょう。朝鮮日報の誤りですね。韓国大統領も20%とは厳しいですね。ブッシュ大統領は何%でしたっけ?いいとこ競っているかんじですね。
かたや小泉首相は今は何%ですかね。この人たちの倍くらいはあるのでしょうか。うらやましい限りでしょうね。それで9月でやめるといっている。アメリカ・韓国のブッシュと盧の両大統領は、後任も厳しそうです。与野党の勢いが逆転しそうですからね。

盧大統領と、その周辺は韓国国民がわかっていないんだみたいなことを言っているようです。民意は素直に聞かないと。劇場型ポピュリズムがいいとは思わないけれど。

ところで、支持率が竹島の強硬発言のときにちょっとだけあがって、その後は落ちているとのこと、対日本で強硬姿勢を見せてもあまり韓国国民はそんなことにはついてこない状態になっているということでしょうか。反日が政治的に利用価値がないくらいに韓国国民がなったか、それとも反日も効果がないほど大統領や政府の人気がないのかどっちでしょう。

朝鮮日報などの新聞も大統領批判が強くなってますし、韓国国民の支持率も下がっている。内政から日本に韓国国民の目を向けさせようと思っても対して効果がない。

韓国親日化がすすんできているんじゃないか?

韓国の国民に、あなたは親日ですねと言ってはいけないということはあるとのことですが、親日といわれるのはだめでも、日本への韓国国民の感情は変わってきているんじゃないかと思います。
posted by ヒロ at 18:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 朝鮮日報 中央日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

金完燮氏「社会通念から外れた金完燮氏の文が誹謗中傷を誘発」

朝鮮日報「社会通念から外れた金完燮氏の文が誹謗中傷を誘発」

なんだ韓国でもこういう作家がいるんじゃないか。コラムで『独島は日本に返してやれ』と書いているって。

このコラムに対して、金さんを非難、中傷するコメントを書き込んだネット市民(ネチズン)がいっぱいいた。その人たちを訴えたけど、不起訴処分になった。社会通念を逸脱する内容を掲載しての非難中傷だから、誘発した面もあるということでの不起訴処分です。

『金さんは普段から日帝の侵略を美化する内容の文章を発表』

しているではないですか。韓国でも親日のことを書いているという人がいて、普通にやっているじゃないですか。非難中傷があるといっても。非難中傷って、どの程度のものだったのかは記事からはわかりませんが。逃げ隠れしないと生きていけないようなものだったのでしょうか?

日本でも、右のことをかいたら、左のひとから非難、中傷は来るし、左のことかいたら、右の人から非難中傷はくる。
市民団体のデモ行動というのもあって圧力がかけられるし、右翼街宣車がやってきてがなりたてるってことだってある。脅される事だってある。
それにネットのなかでは2chみたいなところで、右だ左だ非難しあうなんてことはよくあることです。
韓国も日本もそんなに大きな違いがあるのでしょうか?社会に潮流に逆行することを書くと非難されたりいたずら電話されたり、ネットにめちゃくちゃかかれたりすると思うんです。

日本も言論の自由が足りない国にランクされている国ですからね、五十歩百歩というか、めくそはなくそを笑うというか、そういうもんじゃないんですか?
日本だって、言っちゃいけないタブーみたいなのいっぱいあるでしょう。いったらどんな非難があるか怖くていえないってのがけっこう。

でも、日本で非難中傷に対する告発とか起訴ってどれくらいあるんだろう。
非難中傷はよくあるけど。
posted by ヒロ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮日報 中央日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

盧武鉉政権【社説】誰が盧武鉉政権を「民主平和改革勢力」と認めたのか

朝鮮日報 【社説】誰が盧武鉉政権を「民主平和改革勢力」と認めたのか
「日本がアジア共同体の構築に中心的な役割を」
「韓国の安保5大原則が揺らいでいる」

反日の韓国、日本にアジアのリーダーを求める韓国韓国大統領に批判的なマスコミ、親北朝鮮韓国政権、それを批判する勢力、ハンナラ党の地方選での優勢、次期大統領はハンナラ党からか?

いろいろな面の韓国が見え隠れする。日本への反感とかライバル意識とか、追いつき追い越せと言う強い思いもあったりする。日本のことをとかく気にする。小泉首相はアメリカに国賓並に扱われることとか、日本はこうなのに韓国はこんなんでどうするんだとか。日本を範とすることも多くある。キムチの日韓交流なんて、民民の交流を大きく取り上げていたりもする。

中央日報 米下院、従軍慰安婦決議案すぐにも上程へ

どうも上程はされるみたいだが、過去の事実関係はしっかりとアメリカも調べた上で決議してほしい。韓国の熾烈なロビー活動があったのだろう。中国ロビーも同調したかもしれない。靖国参拝懸念発言もあったばかりだ。
日本も熾烈なロビー活動をするだろうと書かれているが、それは当然やるべきことでしょう。
しかし、東京裁判というのはアメリカ主導で行われたことに注意しないとならない。日本の言い分をそのまま認めるということは、アメリカの史観を覆すことにもなりかねないから。太平洋戦争世代が多く議会にいるとなると結構やっかいだ。すべてが事実ともいえないところはあるが、スワンのマオでも全員に配ってはどうか。けっこう史観がゆらぐかもしれない。
日本にしても韓国にしてもアメリカを利用すると言うのは世界に向けた宣伝として大きな効果がある。

それにしても、靖国合祀訴訟東京地裁判決の件は特に扱われていないようなのが気になるな。何もいわないのかな。
posted by ヒロ at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮日報 中央日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

国政ブリーフィング【社説】政府は「エセ報道機関」国政ブリーフィングを閉鎖せよ

朝鮮日報 【社説】政府は「エセ報道機関」国政ブリーフィングを閉鎖せよ

韓国政府って、こんなことやってるんだと思う記事です。
マスコミ報道に対して、政府見解を出すって言うのは悪いことではないとは思いますが、その言い方が個人攻撃だったり、政府の言い方とは思えない言い方だったりするってのは問題ですね。

ところで、また黒田勝弘さんの記事なんですが、今日のSAPIO韓国のことを書いてます。黒田勝弘さんは産経新聞ソウル支局長です。

世界最大の反日国家」と「親日国家」が同居する国

嫌いな国 第1位は日本 しかし、学ぶべき国 第1位も日本

黒田勝弘さんの記事
「日本の大衆文化の禁止は韓国人反日だからだろうか。実は違うのだ。逆に親日だから、日本文化は長く禁止されてきたし、まだ禁止が残っているのだ。」
反日感情があるのであれば、何も政府が禁止することはない。禁止しなくても日本が嫌いなら誰も見ないではないか。」
「筆者をはじめ、韓国生活が長い日本人たちがよくいう話に、韓国でテレビや新聞を見なければ、こんな楽しいところはないというのがある。これは何を意味するか。日常生活では反日は見当たらないということだ。」
「政策や行政なども日本に習えだらけだ」
「政権の反日に国民は飽きている」

韓国への対処の仕方として、日本の「良心勢力」(朝日とかのことね。)への働きかけで、世論分裂を狙うことについて
韓国が自らの主張を実現させるためだから不思議ではないし、非難されることではない。だから日本もそれをやればいいのである。先に紹介したように、韓国人および韓国社会には日本に対する興味深い二重性がある。これをうまく利用しない手はない。とくに先の二重構図の中での政府は反日国民は親日に注目したい」

「政権が反日だからといって、国民もみんなイコール反日と思ってはいけない」「人々は昔から日本に親近感が強い。日本の対韓政策は今後、この機微をうまくつくべきだろう。」

納得する記事でした。韓国は、親日国家としての側面ももっているのではないかというのが、朝鮮日報、中央日報、東亜日報などの新聞をみて思っていたことです。反日記事も多いといえば多いですが。だから、反目ではなく、やりようによっては韓国はうまく付き合える国ではないかと思ったのです。良心勢力に訴えてくることを聞いて、その通りにしましょうというわけではありません。日本側から韓国に働きかけることです。建前は反日、本音は親日というのが韓国で、日本以上に建前重視のお国柄なんでしょう。建前は立てながら、本音を引き出しつつ、本音に訴えかけるっていうのは、普段の社会の中での交渉術でもよくある話ですよね。建前に対して、建前をぶつけてもうまい交渉はできないし、お互いを理解することもできないわけです。

日本と韓国を比較した記事がここにもありました。
【コラム】松下幸之助の遺言、イ・ビョンチョルの遺産
『松下幸之助が日本社会に遺したのは遺産ではなく遺言だった。「企業は社会の公器」という有名な言葉だ。』
『偉大な企業家、イ・ビョンチョルの遺した遺産は新世界だけではない。サムスン電子をはじめ、他の企業を思えばイ・ビョンチョルの業績は松下幸之助を上回る。相続過程の合法・非合法を判断するのは裁判所の仕事だ。しかし韓国の大手企業が、個人の手にはおえないほど成長しているのは明白だ。それほど韓国企業は世界的に発展し、社史もぶ厚くなったということを意味している。

『松下幸之助が偉大なのは、一代で築き上げた企業を世界的な規模に育て上げ、成長したわが子のように手元から旅立たせたということだ。同様に、誇らしく発展していく韓国の大手企業も、いつか松下幸之助と同じ道をたどることになるであろうと感じる。』

企業は社会の公器」の意味とか、どっちの企業家の業績が上かとか、自分のふところに企業をとどめておく能力がなかったとかってところは異論がありますが、そこはあえて反論してもあんまり詮無き事。まあ、ここにも日本に習えっていう意識があることは確かなのです。
posted by ヒロ at 11:54| Comment(0) | TrackBack(2) | 朝鮮日報 中央日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

黒田勝弘 フォーサイト 黒田勝弘さんの記事

朝鮮日報ではありません。日本のフォーサイト6月号です。

黒田勝弘さんの
竹島韓国国民をあおる盧政権マインドコントロール』という記事のなかで、『筆者はよく街の人から「先進国の日本があれだけ主張しているのだから何か理由があるはずだ。韓国政府やマスコミは何か隠しているのかもっしれない。教えて欲しい」などとよく質問されるのだ』とおっしゃられています。

ノ・ムヒョン大統領マインドコントロールしているかどうかはわかりませせん。しかし、過去にマインドコントロール的な教育過去の排斥は行われたでしょう。戦後の時代イスンマン大統領の時代です。さらに軍政も続きましたからね。そういう時代に教育を受けた人が多くいるし、今の政権の支持者にも多くいるでしょう。反日についてもその世代が強いようで、20代なんかだと、反日感はだいぶさがるようです。世界に好影響を与える国として日本がトップに選ばれたという話がありますが、韓国で日本が好影響を与える国と考えている人は、40%台半ばで、調査対象とした国の中で、中国と韓国だけが50%を切ったそうです。しかし、反日教育をうけながら、現時点で50%にはとどかないまでもそれだけの人が日本が世界に好影響を与えていると考えていると言うことは、これからやりようによってはもっと増えていくんじゃないでしょうか。

過去にマインドコントロール的教育を受けたのは日本の戦前も戦後も同様。逆転するマインドコントロールで混乱する人もいたでしょう。
ただ戦後マインドコントロールは今でも尾を引いていると思います。マインドコントロールから抜けない人、抜けたけど逆に振り子がふれすぎちゃった人、いろいろいる状態がいまの日本ではないかと思います。

マスコミや出版は、振れすぎちゃった人に迎合する情報をいっぱい流しています。本屋に山済みされてますね。逆の論調や中間的な論調がもっとあってもよいはずなのに、あまり受けがよくないんでしょうね。

マスメディアは大体、毒にも薬にもならない情報を垂れ流しです。

ところでフォーサイトは書店では売ってません。フォーサイトは新潮社の月刊誌ですが、政治・経済・国際問題を主に扱っています。私は定期購読してますが、定期購読専門誌です。フォーサイトの定期購読
posted by ヒロ at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮日報 中央日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

大卒1000人 毎年大卒1000人、日本のIT企業へ

中央日報 毎年大卒1000人、日本のIT企業へ

隣の国なんだし、韓国から日本のIT産業の優秀な人材は足りていないんだから、こういう人たちが来てくれることは別にわるいことではない。
しかし、中央日報は記事に意見が書けるようになっているのですが、この記事に60件弱意見がついていた。ほとんどが記事に批判的な内容。

だから、書いてきてしまいました。
IT産業に韓国人でも中国人でもインド人でも入ってよいじゃないですか。何を韓国はああだ、中国はこーだインドはどーだ言っているのか。ここの意見みてると狭い了見の人が多い世の中になったと感じる。ITやソフトウェア業界ではインドが日本よりもずっと優秀であることは業界では常識でしょう。アメリカだってインド人や中国人使いますよ。日本のエンジニアより優秀な人が多いのが現実ですから、これは言葉の問題だけではない。実際いっしょに中国人のSEとも仕事していたし、台湾のSEとも仕事したことはある。インド韓国は直接は知らないが。だけど日本のそこらへんの会社で上級SEって言っている人より優秀な人がたくさんいます。日本の上級SEで優秀な仕事する人探すほうが難しいかもしれない。
言葉の問題でコミュニケーションのとりづらさはありますが、理解したことをちゃんとやってくれる。日本語で意思疎通できるのにちゃんとできないIT会社がどれだけ日本にたくさんあることか。日本のIT産業の問題は絶対的人数が足りないことではなく、優秀な人間の数の足りなさなんです。
昼ごはんの食べ方はその会社の周りの人たちがそういう人たちなんでしょう。別に日本の文化じゃない。でもそこの記事をあげつらって、帰れとかいう人も品性ないですよ。
IT産業の場合、SEではなく、たとえプログラマーでも出来る人と出来ない人の差は非常に大きい。ITの仕事の場合、請負会社は人月で費用を考えることが多いのですが、同じ額払うのが馬鹿らしいくらいの差がある。優秀な人は3日でできても出来ない人は1ヶ月かけてもまともなものができない。日本のプログラマーは決して国際的に優秀なほうではないですよ。

さらにいうとコメント見てると、IT業界やソフトウェア業界ってのは、技術力もさることながら、人とのコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力といったことも重要な素養として必要であるってことがわかっていない人が多いし、単純労働だと思っている人間も多いのが気になる。無知の知。

メディアの情報がインターネットですぐ見られるようになったわけですが、受け取り側によって、捉え方が結構変わって来るというのも顕著にわかりますね。私の場合は、韓国について、日本で報道されていることとか、書店に並んでいる本がいかに偏っているかと感じているほうなんですが、一方では韓国について最近よく本屋にある本の内容に書いてあるとおりに迷惑な隣人だとか、民度が低いとかっていうように感じる人もいるわけです。私も嫌韓流1,2とか、ウリナリなんとかとか、その類の本は他にも何冊か読んでいるんですけどね。

posted by ヒロ at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮日報 中央日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

競争力調査 競争力調査結果が示す韓国政府の非効率性

朝鮮日報 競争力調査結果が示す韓国政府の非効率性

韓国競争力評価結果は38位です。大きく順位を落としています。そのなかでも、政府の非効率性というのが大きく順位を落としている。あと、労使関係も大きく影響を与えている。

日本の国際競争力、17位に上昇・中国は19位に

方や日本は17位に上昇。でも、上昇だからと喜んでいるわけにもいかない。韓国が大きく順位を落とす中、すぐ後ろに中国が迫ってきています。日本の競争力の阻害要因として考えられているものにも政府の非効率性というのが入っています。韓国よりは上ですが、先進国としてはまだまだというところです。

政府の非効率性については、まだまだメスが入っていないという評価なんです。私もそう思います。公務員の数はすでに少ないとか、税金の比率は少ないとかいう議論もありますが、じゃあなんで非効率と評価され、国民も公務員の無駄を感じているのか。

ところで日本の過去の順位の資料です。→日本の国際競争力順位の推移等(IMD調査)

17位というのはやっと長い不況から上向きになったかなというところなんです。

政府の非効率を何とかして、その分を下流底上げ政策にまわさないと。本当にどんどん格差が広がりますよ。

朝鮮日報
【社説】NHKの大改革とKBS

効率性の改革について、韓国のマスコミは日本を見ています。日本に対しての報道はなんでもかんでも反日というわけではありません。日本のマスコミが伝える韓国反日に関するものが多いですが。こういう日本の例をあげる報道はよく行われているようです。

朝鮮日報【社説】韓国まで世界の仲間はずれにするつもりか

これは政府批判社説 日本の新聞もしっかり政府に対する批判精神を持って欲しい。批判すべきは批判し、評価すべきは評価するということをしっかりやってほしいものですが、どうも政府批判には及び腰、国民の興味にすりよりってのを感じる。しっかりと伝えるべきこと、いうべきことが、大きなメディアがジャーナリズムとしての役割を果たしていない。

韓国は所得格差が広がっているとのこと さらに広がった韓国の所得格差
日本も格差の広がっている国、韓国も一例だが、他の先進国も含めて、なぜ格差が広がるのか、しっかり考察し対策を立てないとならない。日本の中だけみるのではなく、他の国もしっかり見るように。私は、ひとつは、政府非効率性の部分と既得権益で利益を過大に受けている部分を、教育レベルの底上げに回すべきだと思っている。公立校でも上位レベルの教育を受けられることを保証することと、ここまでの教育は必要というところはしっかりと全員が受けられるように教育結果の底上げ。機会平等は当然とし、結果平等は平等とはならないまでも下位部分の底上げを図る。やりたいことだけやってればいいなんて、自分の個性を伸ばしてそこでがんばればいいなんて、それで成功する人はほんの一握りです。個性尊重をあまり強調するのもよくないと思ってます。

ところでこんなのもありました。朝鮮日報 1/13 高慢な中国、卑屈な韓国

中央日報【コラム】韓日はお互い必要な存在だ
これの竹島問題と靖国神社についての言及のところを取り出して、やっぱり韓国の新聞はと批判するか、韓国内の世論を背景にしながらも冷静に考えていると考えるか。こういう記事もあるということをお伝えして、判断はお任せします。


posted by ヒロ at 08:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 朝鮮日報 中央日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

安保理 イラン、査察受け入れも 安保理議論中止が条件

イラン、査察受け入れも 安保理議論中止が条件

ちょっと、中央、東亜、朝鮮の各日報紙をみていて気になったのでこのニュースをもってきました。イラン問題による原油価格は韓国経済に破綻しないぐらいの影響を与えかねない問題だと思いますが、日本ではすでに報じられたこのイランの報道が3紙とも入ってきていないんですね。単に更新の頻度によるものなのかわからないのですが。
でも3紙のうちニュースの分類に国際というのがあるのが東亜だけなんですね。他の2紙には国際という記事分類がない。

イラン制裁が起こると当然日本経済も大打撃をこうむることになりますが、韓国経済は破綻しかねません。国際関連というのはそういう重要なニュースもあるのですが、分類されていないというのが不思議なんです。

もっと国際というところに重きをおいたほうがいいんじゃないかと思った次第です。

イラン制裁が起こらないようにイランも動いているようですから、安保理とIAEAも早急に答えて欲しいです。イラン制裁までいってしまうと、世界中たいへんなことになってしまいます。経済は大打撃を受けるし、イスラム原理主義者たちはどんな行動を起こすかわからないという状態になるだろうし。大混乱を引き起こしかねないのですから。
posted by ヒロ at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮日報 中央日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

韓国の技術力 韓国の技術力、日本の91.4%の水準

韓国の技術力、日本の91.4%の水準朝鮮日報

あくまで産業界の主観的評価ですが、自信というのはあなどれないところがあります。もう少しで手が届くんだがんばろうという気持ちは強い後押しになります。まあ、日韓で切磋琢磨することはよいことだと思います。
造船分野でのシェアは韓国の躍進が大きいですし、携帯端末も韓国勢の勢いがあります。
しかし、まだまだ日本も負けていないし、追いつかれるつもりはないと科学技術分野の優位性確保にがんばらないとなりません。
なんといっても日本を支える産業は、品質のよいものをつくることとか、科学技術です。その分野で日本は他国に負けるわけには行かない。

理系離れが言われる昨今ですが、これは良くないですよ。
こんなことじゃ、追い越されてしまいます。
posted by ヒロ at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮日報 中央日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。