朝鮮日報中央日報東亜日報の日本語版で隣人の朝鮮・韓国を知ろう。
チケットぴあ

 ソニーはなぜサムスンに抜かれたのか 「朝鮮日報」で読む日韓逆転 (文春新書) (新書) / 菅野朋子


2006年06月24日

対日軍事防御論【社説】大統領の「対日軍事防御論」、またいったい何の話か

朝鮮日報 【社説】大統領の「対日軍事防御論」、またいったい何の話か

『わかりやすい例で、日本の首相が同様な話をした場合を考えてみよう。誰より黙っていないのは大統領本人だろう。5年間の任期のうち3年が過ぎた時点になっても、まだ大統領に「発言に注意して欲しい」と頼まなければならない韓国民の境遇が情けない限りだ。』

韓国大統領が発言しても、今の韓国大統領韓国国民の支持を受けることができていません。さらに、朝鮮日報の社説でこうも発言を批判されてしまうわけです。
韓国では、軍事的にシミュレーションした場合の結果と言うのもだしてみたそうですが、日本の海上自衛隊のほうがはるかに戦力が上で到底勝ち目はないという結果になったそうで、それもあって韓国大統領はこういう発言をしたのかもしれない。

しかし、日本はたとえ不法占拠されていても、国際紛争解決のために武力行使をすることはありません。日本も韓国大統領の発言に対して抗議というか、日本の意思を公言すればいいのに。武力行使することは絶対にありませんって。なんでいわないんでしょう。教育のせいってのが大きいけれど、日本が大して言わないってのもよくないですよ。反日感情というのをもち続けることに対して。
竹島は領土紛争地域となっているので、自衛隊で取り戻そうということを、イギリスがフォークランド紛争でやったようにやることはないのです。

竹島は2国間交渉ではどうにもならないでしょう。主張することは変わらず歩みよりはみせず、まとまらないままです。

国際司法裁判所は、今の日本のやり方では使えないでしょう。韓国側には国際司法裁判所にもっていく理由がないのですから。逃げているとか、分が悪いからという言い方がされているようですが、なんで利になることが何もない、ここは自分の領土だと確信して言っている人たちが裁判に持ち込むことを了解するのか?了解すると考えるほうがおかしいじゃないですか。韓国側には裁判にかける利はないのです。

じゃあ、韓国に裁判にかける利があるというように考えさせるにはどういう戦略をとらないとならないかということを日本の政治は考えないとならないわけです。(政治家とか外務省とは書きません。どんな問題でも誰かに任せておけばいいという考えが問題を解決しない大きな要因でもあるのですから。政治家や行政に任せておけばいい、自分は関係ない、いいたいことだけ言ってるってのも、決して政治的民度は高くないといえると思います。)

国際的に韓国の領土じゃないんじゃないかと考えさせるようにしていかないとだめでしょう。積極的に解決を図るなら。しかし、これもそうそう簡単じゃないですよ。周辺国は日本と領土問題を抱えているから味方するわけないですし。2国間のことを言われても何もコメントはできないという国が大多数でしょう。

また、裁判所に引っ張り出せたとして、竹島を日本の領土と認めてもらうことのデメリットも考えないとならないです。まず、韓国の反日感情は高まることになるでしょう。他の国は公式には何も言わないでしょうし、それほど大きな影響はないでしょう。関心なしという国が多いでしょう。

とは言っても、韓国大統領が言ってくることを丸呑みすることもやってはいけない。反論しないとならないし、言うべきことをいわないと。外交で沈黙していてはいけないのです。

歴史教科書作りからやってみたらどうでしょう。周辺国条項におとなしく従わない人たちも入れて、フランスとドイツが共同教科書を作ったように。何年かかるかわからないですが。

朝鮮日報【W杯】韓国代表、疑惑の判定に泣く
朝鮮日報【W杯】「奇跡は起きなかった」…日本、決勝T進出ならず

ワールドカップサッカーは日本韓国もグループリーグ敗退となってしまいました。アジア勢は全滅です。残念です。

朝鮮日報【W杯コラム】ドイツの愛国心論争

ところで、こんな記事が。日本ドイツも同じようなトラウマを抱えている。韓国も隣の国なんだから、日本ドイツと同じような状況にあるんだということを知ってください。
posted by ヒロ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

EEZ交渉 韓日EEZ交渉、平行線のまま終了

朝鮮日報 韓日EEZ交渉、平行線のまま終了

まあ、まとまるわけがありませんね。今の韓国、日本のお互いの主張では。
いくら論理的にやろうとしても、歴史資料をもってきても、どっちの論理が正しくても、論理に歪曲があっても、そんなこと言い合ってても、どちらも妥協の歩み寄りの姿勢は見せないわけだから、まとまるわけがない。

韓国側は実効支配しているわけですから、日本の言い分を聞いたら負けです。日本の言い分は挑発だといってはねつける。日本の言い分を聞いても別に得することがないわけでしょう。国際司法裁判所に持ってくということだって、日本の言い分を聞いたことになるし、韓国にとってはねつける以上のメリットはないわけだから同意しないでしょう。

負け試合。このまま正論言ってるつもりで正論ぶつけてても負け試合のままですね。必ずしも正論が勝つわけでもないのです。外交では。

負け試合といえば、日本はオーストラリアに逆転負け。
韓国は、トーゴに逆転勝ち。アジア勢でやっと最初の1勝です。韓国も第1戦勝ちましたが、後の残りが、スイスとフランスですから厳しい戦いですね。
日本はさらに厳しい。オーストラリア戦の後半残り10分しっかり守れなかった。残り、クロアチアとブラジルです。頑張らねば。中田の叱責をしっかりと自覚して。
アジア勢がみんな予選敗退なんてことになったら、アジア枠が減っちゃいますよ。お互い頑張らなくては。

ところで、6/28版SAPIOで、小林よしのり氏が新ゴーマニズム宣言を改め、新連載として、ゴー宣・暫(しばらくと読む)が始まりました。

その中の欄外で「『嫌韓流』に関しては何も言うまいと思っていたが、そうはいかなくなってきた。朝鮮人差別に結びついているらしい。わしは今の韓国の公は悲しいし、北の独裁者は大嫌いだ。だが朝鮮人差別をする日本人も大っ嫌いなのだ!作者は名乗り出てこのリスクを負わねばならない。わしは匿名は嫌いだ!」

匿名は嫌いだ!は耳の痛い話ですが。
差別は私も嫌いです。そして、差別言論が多いというのも憂慮するだと思ってます。
相互に理解するって言うのは、いろいろ壁があって、すごく難しいことです。隣国どころか、隣人だって、隣の席の人だって、理解するってことはすごく難しいことだと思います。でも、理解が難しいから批難する差別する理解を少しでもすすめようとしないってのはおかしい。中央日報書き込み欄見るとそんなかきこみばかり。

よく朝鮮人特有の病気「火病」とかっていってるんですが、「すぐ切れる」っていうのとどう違うんでしょう。
中央日報火病の症状が最近の記事で載っていたのですが、その症状は「心身症」とほぼ同じでしたよ。


posted by ヒロ at 11:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

日天皇 日天皇「歴史忘れてはいけない」…日本メディア取り上げず

中央日報 日天皇「歴史忘れてはいけない」…日本メディア取り上げず

確かに日本のメディアはとりあげていませんね。たいして。
この中央日報ぐらいに記事があってもよいかとも思うんですが、ほとんど取り上げていない。そんなに村上ファンドの逮捕が大事なんでしょうかね。
天皇がこういう発言をしたというのはもう少し日本のメディアも取り上げていいと思います。昭和天皇だって戦争反対だったんだし。


ところでその歴史について一言、韓国併合について、韓国で大きな勢力だった一進会が併合を望んだだから、併合は韓国も望んだことだという論調がありますが、一進会が望んだのは、合邦です。統治されることを望んだのではないでしょう。それに全韓国民を代表した政治勢力でもありません。連邦制で自治を認めるというような形式でしょうか。合併しようというものではないと思います。

それに朝鮮や台湾では普通選挙は行われなかったし、総督府幹部も大多数が日本人でしたし、義務教育も行われなかった。同化政策といいながらも、差別していたのです。

歴史はしっかり検証していかないとならないと思います。
posted by ヒロ at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

東北工程 【記者手帳】中国の「東北工程」に日本も合流?

朝鮮日報 【記者手帳】中国の「東北工程」に日本も合流?

なんで日本は石碑とか持ち帰ってきたんでしょうかね。碑っていうのは、そこにあるから意味のあるものだと思うんですけどね。持って帰るなんてことはしないでほしかったですね。

というのはあまり記事との関連はあまりないです。

渤海高句麗中国とは「朝貢・冊封制度」という関係にあった。日本もこの中に入っていたわけです。聖徳太子のときに抜けたわけではなく、歴史上入ったり、抜けたりしてはいましたが、明確に抜けたと言えるのは、明治維新のときのようです。
明治維新のときというと中国女真族の「」であり、また「」は漢民族でありはしたものの皇帝の出自から周辺国で中華としての正統性が疑問視されたようです。それで、本当の中華を受け継いでいる国は我が国だと言いはじめたのが「小中華思想」ですが、この小中華を唱えた国の中には当然朝鮮もいますが、日本もいます。
の王というのは朝貢冊封されてますし、遣唐使とかも朝貢です。聖徳太子の手紙は有名ですが、決別したわけではない。足利将軍義満日本国王という権威付けをしてもらっている。その前の南北朝時代は南朝が日本国王
朝貢冊封というのは、属国になるというものではないのです。皇帝から王として認められ権威づけする。貢物をしていますが、それ以上に中国からもらって帰るということでもあり貿易関係という意味もあった。原則内政干渉なしの独立国です。

日本人の中にも誤解が多い。朝鮮韓国ずっと中国の属国で、日本中国属国であったことはない聖徳太子以降ないんだと。
歴史的中国との関係でいうと、日本朝鮮も大同小異でしょう。
それが崩れたのが明治時代です。日本はいち早く欧米の文化を入れた。そこからの歴史の動きがまた両国の関係を複雑にするのですね。

中国が「渤海が唐の地方政権であったことを立証する遺物」ということに関しては、韓国が異を唱えているのと同様、日本も異を唱えるべきことでしょう。「朝貢・冊封制度」の関係にあった国は中国の一地方政権ではなかったんですから。

朝貢・冊封制度」と「小中華思想」ですが、誤解してませんか?私も最近まで誤解してました。
posted by ヒロ at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

鬱陵島 島根県「独島に続き鬱陵島の調査も必要」

中央日報 島根県「独島に続き鬱陵島の調査も必要」

下條教授の鬱陵島の調査というのは、おそらく竹島領有権問題の調査のために鬱陵島からの位置関係や鬱陵島周辺の島の状況等を調べて、竹島ウサン島とは考えられないということを確認するための調査であると思うのですが、この記事の書き方だと、『日本は鬱陵島まで韓国領ではなく日本の領土だ』と言い出すつもりだということを大衆に訴えるような記事にも取れますね。

山陰中央新聞の報道では下條教授は鬱陵島の視察が必要と言っていることは確かに言っている。でも、「竹島の北西の方に位した鬱陵島に対する体系的な研究のために調査する必要がある」こうはいったのかな?

島根県の竹島問題研が中間報告書提出

中央日報の記事では、安竜福(アン・ヨンボク)がいつのまにか将軍になっているのはどういうわけでしょう?漁師が、外交家になって、英雄になって、将軍になってしまった。だいぶ行き過ぎですから自重して頂戴。

韓国の国民もそのうち辟易してしまうんじゃないかと思いますよ。

韓国の政治問題や経済問題では政府批判が韓国マスコミでもことごとく多くて、でも、独島問題では政府と一致してしまうんですよね。

posted by ヒロ at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

独島艦 全長199mの独島艦が試験航海

東亜日報 全長199mの独島艦が試験航海

新鋭の大型揚陸艦だそうです。独島艦だって。

日本は紛争解決のために、武力行使をしませんから、独島艦なんていう名前の船つくらなくてもいいのに。

それに日本は、戦車や兵員を運んで揚陸戦をするためのような揚陸艦は持っていません。それに艦艇を運ぶような空母も持っていません。専守防衛と言ったら、専守防衛なんです。防衛能力抜群の日本自衛隊ですが、攻める意思はないんですから、攻めるための武器は持っていない。
進入を阻止し、守るための武力と、監視するための情報施設です。

上陸してきた敵を、背後から揚陸して突くようなこともできません。
そういう自衛力なんです。そういうことをもっと周りの国にも理解して欲しいし、政府も理解させて欲しいな。

ところで、竹島周辺海域での調査船海上保安庁待機時の話ですが、韓国側艦船との間では、国際法を犯すようなことはしないということで連絡をとりあっていたとのこと。現場はお互いに冷静に対処しています。衝突してもどちらにもメリットはないですからね。
そうして政府上層部の交渉を待っていた。

posted by ヒロ at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

独島 独島に初の不在者投票所設ける

中央日報 独島に初の不在者投票所設ける

韓国の国民の関心を高めるためって、十分すぎるぐらい高いでしょう。
日本人なんて、もう竹島の騒動のことなんて、忘れている人が多いぐらいじゃないのかな。でも既成事実化して世界に認めさせるというやり方はだめですよ。
こういう問題は既成事実化して、納得させようたって絶対禍根を残しますから。

領土問題を片方はあるといって、片方はないという。国際司法裁判所というのも面倒なところですね。通常の裁判だと原告がいれば裁判が開始できるんですけど。両方が裁判にするっていわないと裁判にできないとなると、裁判に持ち込まないほうが得なほうは持ち込まないに決まっているじゃないですか。なんで国際司法裁判って、そういう制度になってしまっているんだろう。国際紛争は国連が関与してもどうにもならないから当事者間で何らかの手段で解決せよってことなんですかね。
posted by ヒロ at 21:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「競争を利己主義的と考える韓国、談合多い」公取委委員長

中央日報 「競争を利己主義的と考える韓国、談合多い」公取委委員長

韓国だけの話じゃない、日本もたいして変わりがない。それどころか、談合を正当化している方もいるしね。
たいして、かわりませんよ。
posted by ヒロ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

靖国参拝【社説】小泉首相の靖国参拝に待ったをかけた米国

朝鮮日報 【社説】小泉首相の靖国参拝に待ったをかけた米国

このニュースあまり日本では報じられていないのですが、確かに6月に国賓として訪米する小泉首相について、米下院のヘンリー・ハイド外交委員長が、真珠湾の痛みとか、真珠湾攻撃後にルーズベルト大統領が演説した議会で、小泉首相を演説させるわけには行かないというようなことをおっしゃっているようです。(中国主席とちがい小泉さんの場合、国賓待遇のようですが)

日本のメディアは扱いが小さいですが、韓国メディアではけっこう出てます。日本官邸周辺の見解は一部の意見であまり影響はないだろうというようなもののようですが。

でもですね。靖国にしても、日本の戦前の立場にしても、敗戦国日本は戦前の指導者がとにかく悪いんだということを国内的にも教育してきて、対外的にも私たちの指導者が悪かったんですって言ってきたわけでしょう。本当はどうだったのかってことはよく考えてこなかったわけですし、それを靖国問題は最近急に言われるようになった問題だとは言え、言われてもちゃんと反論できないようになっているんです。国際的に反論の論証をしようとすると、今となってはかなり慎重にやっていかないとあちこちから叩かれることになるでしょう。まずは自分たちの歴史をしっかりとみつめること。そして、立場や自らの行動を理解してもらえるように説明をすること。相手の立場も考えながら、覇権とか復古とかといった誤った認識を抱かれないように慎重にやる必要はありますが、『マオ』が世界的ベストセラーになっていることはチャンスかもしれません。

ルーズベルト大統領がパールハーバーに伝えなかったという説がどれくらいアメリカで認識されているかわからないですし、本当に在米大使館の不手際で宣戦が遅れたのかもよくわかりませんが、いつまでたってもパールハーバーやった日本は、原爆落とされても仕方ないという言いようがずっと通っている。
ほんとうはアメリカになんてひどいことをしたんだ。そして、そのひどいことを今でもあちこちでやり続けているって言ってもいいのに、言わない。

あと、拉致問題について、よく韓国は冷めているというようなことを日本の報道では言われてますが、各新聞でも社説等でも政府批判してます。でも、韓国の場合、拉致された人たちを北朝鮮とつながりのある人だということが言われていた時期があります。でも、昨日の横田さんの訪韓はかなりの扱いを受けているようです。だって、どこの国にしても、自分の国の国民をたとえ一人でも守れない、ないがしろにする国なんて、国民に愛されるとか、誇りに思えるような国にはなれないですよ。

統一部イ長官のこういう話も記事になってました。
韓国には自分と違うものを受け入れる文化がほとんどない」

posted by ヒロ at 09:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

鶴の一声【5月15日】鶴の一声

朝鮮日報の一こま漫画 風刺画ってやつですね。小泉首相です。
【5月15日】鶴の一声

「言いえて妙」というかなんというか。

アメリカの年次要求で靖国参拝をやめよといわれたら、やめるかもね。

ところで、朝鮮日報と関係ないですが靖国とはちょっと関係あるかな。ブッシュ大統領は「マオ」を読んだらしいです。それで、戦前の歴史認識に変化が見られそうという話もでてきています。ソ連の工作や、中国共産党の工作で、日中戦争に拡大していったというようなことが書かれていますからね。
それにしても、日本はソ連の工作で戦争に入り込み、中国共産党の工作で深入りし、そして中国国民党にいろいろ宣伝され、アメリカには開戦に追い込まれ、国際法違反の宣戦布告遅れというアメリカ国民を鼓舞する絶好の材料を与え、そして敗戦国として糾弾されつづける。
さらにアメリカの財政赤字を支え、中国にはODAを続けながらも反日攻撃され、基地問題でも負担を抱え、何年かかってだかしらないけれど、毎年数千億円かけてアメリカ軍の移動を手伝う。韓国はアメリカに基地は住宅地にできるように更地に整備して返せと要求しているようです。日本はどうするんでしょう。
ところで、横田さんが韓国に行ってますが、韓国マスコミは取り上げてますから、韓国の人たちには伝わっています。また新聞拉致問題の政府の対応のなさぶりを批判もしています。韓国拉致問題に対して非常に冷めているというわけでもなさそうです。
posted by ヒロ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。