朝鮮日報中央日報東亜日報の日本語版で隣人の朝鮮・韓国を知ろう。
チケットぴあ

 ソニーはなぜサムスンに抜かれたのか 「朝鮮日報」で読む日韓逆転 (文春新書) (新書) / 菅野朋子


2006年05月13日

独島紛争 独島紛争勝利を壮語できない 「韓日独島紛争時は勝利を壮語できない」ホ・ピョンファン陸軍所長

中央日報
韓日独島紛争時は勝利を壮語できない」ホ・ピョンファン陸軍所長

こんなことを言う陸軍所長も陸軍所長なんですが。日本は戦争する気なんてないってのに。国際紛争を解決する手段に武力を用いることはしない。専守防衛であり、竹島は条約締結時に領有権問題を先送りにしているんだから、この紛争解決のために武力で取るってことはありえないこと。

新聞は、韓国の陸軍所長が言ったことなんだから、記事として事実を伝えても、論評を加えても、加えなくてもいいわけです。別にこんな記事載せるなということもいうべきことじゃないし、論評だって、してもしなくてもいい。そんなことどこの新聞でも同じこと。
日本の新聞だって、似たり寄ったりなんだから、そんな中央日報を批判してもしょうがないことですよ。政権におどらされ、大衆におどらされる日本の新聞やTVなんですから。人のふりみて我がふりなおせなんですが。

しかし、この記事についている書き込みっていうのはそういうことはあんまりわかっていないみたいで、あんまり品性がないですよ。日本の国民っていうのも、こういうところだけみると品性ない。それがわかっていて書いているのかどうか。まあこういう人たちがごく一部の人であるってことを願いたいです。いまは人を見下すのがはやっているらしいけれど。オレ様国家中国っていうことも言われているけれども、日本国民もオレ様化している傾向があるっていう話もありますからね。

教育勅語の内容書いておきますか。これは戦前は暗記させられていたわけですね。神聖視されていたわけです。それで天皇への忠誠というのがどうしてもぬぐえないんで、教育勅語は境域基本法とセットで残すつもりだったけれど、GHQが結局は教育勅語は廃止したんです。内容変えてでも残しておけばよかったのに。

教育勅語
口語訳にして残しておけばよかったんですよ。
「親孝行しましょう。兄弟姉妹仲良くしましょう。夫婦は協力しましょう。友達を信じましょう。誤ったときは反省し、謙虚になりましょう。いつも思いやりを持って博愛をひろげましょう。勉強や鍛錬して知能や得を高めましょう。進んで公のため、世のため、人のため働きましょう。常に憲法、法律を尊重しましょう。もし危急の非常事態に直面したら、それぞれの立場で勇気を出し、覚悟を決め、力をつくしましょう。
このようなことは日本のよい伝統ですので守り通しましょう。この伝統は国際的にも通じる真理です。」
あとの部分は皇祖皇孫が守り続けてきた伝統ですとか、天皇も率先してまもりますという部分ですから、除きました。

あっちがああいうんだから、あっちが悪いんだっていう考えはやめましょうね。「人知らずしてうらみず、また君子ならずや。」


posted by ヒロ at 11:42| Comment(2) | TrackBack(11) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

ゴーマニズムSAPIOのゴーマニズム

朝鮮日報ではなくて、SAPIOのゴーマニズム宣言 5/24号

小林よしのり氏のゴーマニズム宣言で韓国との竹島問題の件で、欄外で記述されていた内容について。韓国の激しい反日ナショナリズムに対して、朝日新聞とかが、両者ともナショナリズムを掻きたててはいけないと言っているってことに対して、韓国の激しさと対比する形で「我が日本国民の冷静さはどうだ!」

それは、違いますよ。小林よしのりさんといっても、ネットもネット右翼もうんざりナショナリズムも嫌いな人だから届かないだろうけど。

冷静じゃなくて、竹島の存在を知らないんです。日本人は、韓国人と違って。そういう領土とか国とか考えることを停止してきた国なんだから。竹島はどこにありますか?って聞いてちゃんとした場所を答えられる人がどれくらいいるか。私も場所を知ったときには意外に北にある島なんだなという感じがしました。

それにネット右翼と小林さんが呼んでいる人たちは、ぜんぜん冷静じゃないですよ。表立って、言わないだけで、ネットの中で言っているんです。

それを小林さんは知らないだけです。

中央日報
の記事の書き込み欄なんか見てみてくださいよ。いっぱい反日記事には書き込みがはいっているから。それに2chとか。2chは、便所の落書きだから見ないんでしたね。そういえば。
そういうところでは、匿名で騒いでいるのですよ。決して表面には出ず。

そしてそういうところの話を世論だといって、書くマスコミもいるわけですよ。そして、TVのニュースでちょっとかじった人がまたのっちゃうわけですね。確固たる視座を持っているから冷静に見えるのではないのです。

posted by ヒロ at 18:05| Comment(1) | TrackBack(2) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の歴史 「韓国、中国なしに日本の歴史はない」来韓講演する子安教授

中央日報 「韓国、中国なしに日本の歴史はない」来韓講演する子安教授

確かに、今の日本文化は、韓国、中国から伝わったものと日本古来のものが習合したもので、宗教にしても、文物にしても、建築も思想も、武士道も中国、韓国がなければ全然ちがうものになっていただろうし、古代の大文明である中国が近くにあったこと、韓国を通して、その情報が得られたことで発展できてきたことは大いにあると思う。

それは否定しないし、あまりそこを中国や韓国があったから、日本があるんだって、つっこんでみてもあまり意味がないことだろうと思う。だって、そんなこと否定している人なんて。あまりいないんだし。渡来人のおかげでいろんな文化が伝わったんだし。日本が絶海の孤島だったら、そういう文化は伝わらなかっただろうから。

私は、子安教授のことはあまり知らないので、過去にどんな主張をしてきた人かもしらない。中央日報が伝えている記事からだけだと、よくわからない。

でも、今の日本と「帝国日本」とは違うと思う。断絶していると思う。
ただ、断絶するときにあまりに断絶しすぎ、徹底否定してよく考えようとしないようになったということがあると思う。そのために、靖国神社のことも、東アジアの対立のことも、どうすればよいのかよくわからなくなっているような気がする。それで、隔世遺伝のような思想が出て右へ寄ったり、あの時代はとにかく悪いと左へ寄ったり、あるいは何も考えなかったりというような結構極端な状況になっているのではないか。

子安教授も多感な時期に思想の転換を迫られた世代。

『あらかじめ配布した原稿で教授は小泉首相の靖国神社参拝はもちろん、独島(トクト、日本名竹島)問題と日本の教科書歪曲まであまねく強く批判』
⇒資料配布しているんで批判はしているんでしょうけれど、どういう風に批判しているのかはわからんですね。

中央日報の場合、記事に対するコメントが書き込めるようになっているんですが、結構品のないコメントも多いと思うんですよね。そういう品のない批判がまかり通るところに言論の自由があるっていうのも何かうそ臭い。
確かに韓国では親日発言が難しいっていうのもわかるんですが、日本だって、言論の自由では先進国中下位の国と評価されていることを忘れてはいけない。
posted by ヒロ at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

物価【特派員コラム】物価が逆転した韓国と日本

朝鮮日報 5/10 
【特派員コラム】物価が逆転した韓国と日本

ウォン高になっているというのは聞いていましたが、こんなにもなっているなんて。日本にきて、ものを買ったほうが、韓国で買うより安く、飲み代も日本でのほうが安くなっているって。ゴルフ代も。スキー場も。

じゃあ、逆に韓国に旅行に行く日本の人は、向こうでものの高さに驚いてしまうという状況になっているということですよね。

韓国の産業は、日本に比較してもだいぶ輸出に依存していますから、ウォン高というのは、経済的にも苦しいはずです。そこへきて、ここ最近のアメリカの強硬なやり方による原油高も拍車をかけているでしょう。

アメリカがもっと柔軟にイスラム諸国に対応するようになれば、こんな原油高やガソリン高は起こらないんです。消費は減っていて、備蓄もたっぷりあるんだから。ブッシュやその周りの人たちが招いているガソリン高です。
日本も円高傾向になってきて、110円より高くなると経済界も苦しくなるそうです。これもアメリカのドル安政策のせい。

それにしても、韓国の通貨が日本よりも相対的に高くなってしまっているのはなんででしょう。物価は韓国のほうが安くてもいいはずの経済状態であるのに。まだ経済が日本より強くなったというわけではありませんからね。
輸出国だから、叩かれているんでしょうか。でも、韓国経済はそんなにまだ強くないから、叩いたらつぶれてしまいますよ。

韓国旅行する方、ウォンが高くなっていて、こういう状態ですから、韓国のほうがものが安いと思っていかないように気をつけてください。韓国旅行した方、今韓国はこんな様子なんですよ。となりの国だから、観光とか、韓国料理たべに行ってみたいんですけどね。日本、それも東京より物価が高いなんて。

posted by ヒロ at 14:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

李承晩 李承晩をめぐる韓国学界の熱い論争

朝鮮日報5/1李承晩をめぐる韓国学界の熱い論争

李承晩に関する論争というのは、韓国の独立前後史の見直しと合わせて重要なことだと思う。右派左派での論争が行われているようです。李大統領というのは、韓国の初代大統領となっているが、この人は、戦中も韓国独立を目指し、韓国臨時政府を上海に作った人である。韓国臨時政府というのは、日本に対して宣戦布告もしているのだが、国際的に国と認められていなかったようで、宣戦布告は国際法上みとめられてはいない。

しかし、戦後韓国の歴史が、この人から始まったことを日本人は見逃してはいけない。韓国戦後の戦前史教育もこの政権から始まったことを見逃してはいけない。教育というのは歴史観を形成する上で非常に強い力を発揮することは日本人もよくわかったいると思う。朝鮮日報など韓国の新聞だってそういう史観に基づいてものを書く。

韓国独立勢力を指揮する人物であり、亡命政府を作った人であり、戦後、韓国にもどり、そして韓国初代大統領となった人である。李承晩ラインを引いたひとでもある。

よく韓国は日本の中にあったから戦勝国ではない。韓国は合併を望んだんだという話もでるが、韓国の初代大統領は、決して敗戦国の中の国とも思っていないし、合併を望んでもいない人物なんです。そこから戦後韓国が始まっている限り、日本支配を敵対視する政策がとられることも、日本側の韓国併合を正当化する主張を受け入れるようなこともできないことは容易にわかることだろう。日本側のいう自虐史観というやつといっしょ。日本では敗戦後、戦前徹底否定の教育の史観が根強く残っているわけで、韓国では戦後の日本敵対しの歴史教育の史観が根強くのこっていることも同じようなことでしょう。

単に事実を断片的に取り上げてぶつけ合ってても、感情的になるだけで良好な関係は気付けないでしょう。韓国の中でだって、李承晩の評価が分かれる。日本の中でだって、戦前戦後史の評価は分かれる。
日本と韓国の歴史観をあわせるなんてことは早々簡単なことではない。そんなときに、さらに感情的になって右傾化し合って、批判しあうようなことをすることは混乱を招くだけです。

系統立てて歴史を整理するとともに、他国(特にアメリカやイギリス)との外交戦略も練って、事に冷静に当たっていかないとこじれるばかりです。日本だけが韓国を統治することは悪いことではなかったといってもだめなんです。国際的に見てどう評価されているかということも含めて戦略的に事を進めないと。それに将来良好な関係を続けるためにはどういう決着をはかるのかということもよく考えないとならない。
posted by ヒロ at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

安全保障 韓国の安全保障脅かす国「1位北朝鮮・2位日本」

朝鮮日報4/30韓国安全保障脅かす国「1位北朝鮮・2位日本

韓国での電話世論調査ですが、北朝鮮と日本がほとんどならんで30%近辺で、1位と2位です。3位はアメリカです。中国は4位。そのあとわずかながらにロシア。

日本は、決して他国を安全保障で脅かすようなことはしませんということが伝わっていないのです。一連の行動が、平和主義の国ではなく覇権主義復活への道ととられてしまっている。これは両国にとって、利益になるものではありません。「何をバカなことをいっているんだ」と反論してみることは簡単なことですが、理解は得られないでしょう。対北朝鮮にしても、対中国にしても、韓国と反目していては、本当に北東アジアでの孤立国となってしまいます。アメリカ51番目の州です。そんなことでよいのでしょうか。
韓国と反目することは、日本のためになりません。だからといって、領有問題歴史問題をうやむやにしろというわけではないですよ。しっかりと話し合いの席を設けるべきだし、相手の戦中戦後の歴史のことも考えるべきです。
中国は、ロシアとの国境紛争を片付け、周辺大国との争点を消すということをやってきました。
日本だって、うやむやにせず、決着をつけて、憂い無く外交できるようにしないとならないと思います。譲歩、強硬、妥協、それぞれどこでどうするのがよいのか良く考えすすめるべきです。

竹島不法実効占拠はこのままでは何も変わらないし、経済的利点も現状維持なので、他の地域の紛争のことを考え譲歩し、韓国のその他の問題では協力と信頼を取り付ける。
尖閣は譲歩せず、韓国と共同して東シナ海の安全を守る。
北方領土は、妥協して2島返還を行い、ロシアとの平和条約締結を急ぎ、歯舞色丹周辺の漁業権も確保する。エネルギーの共同開発、エネルギー資源の輸入の一極集中の分散化をロシアを使ってできるようにすることと、ロシア市場への足がかりを強固にする。
沖ノ鳥島も韓国米国の支持をとりつけ、島という国際認識を確立する。
東アジア共同体でもインド韓国の支持をとりつけ、環中国体制とし、中国の覇権化を防ぐ。

中国は、韓国をバックアップし始めています。
<竹島問題>韓国の主張に理がある…中国の研究員が認識示す(4/30毎日)

くれぐれも中国韓国を同じような国だと思わないように。誤った認識で嫌ってると、手痛いことが待っているかもしれない。アメリカがどれくらい中国のことを知っているというのか、中に引き込まれ経験がある日本が米韓と協調しないと、また2極化っていう世界にもなりかねない。
朝鮮日報読むとそうそう理解しあえない間柄でもない思いもでてきました。
posted by ヒロ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(3) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

潘長官 潘長官「塩崎外務副大臣に日本の覚醒を求める」

朝鮮日報4/30潘長官「塩崎外務副大臣に日本の覚醒を求める」

潘長官、5/1に話をするようです。
日本が船を出すことにしたきっかけは、韓国名称を提案するということに対して行ったものなので、日本側からすると挑発ではありません。竹島領有問題も、日韓併合とは別物であるということで主張は変わらずしてきているものなので、覚醒せずに言っていることでもやっていることでもないです。
日本が挑発してきたことに対して、積極的にでることになったというのは、自ら挑発にのったと言う事をいっていることになりますが、外交上、相手の挑発にのるというのは得策でしょうか。
韓国側の立場を説明するということですが、韓国側と日本側で双方の主張が相容れない形になっていることは何年も変わっていないことなので、同じことを説明しても、事態は特に変わらないでしょう。
日本側も挑発しているわけでも眠っているわけでもないので、しっかりと話し合うべきでしょう。双方の立場からの歴史をひとつひとつ検証していけば、答えはでてくると思います。日本と韓国は重要な隣国です。お互いを尊重し、しっかりと交渉し、相互理解の道を切り開いていかないとならない。

山本議員韓国ラジオに出演だそうです。
山本一太議員、独島問題で韓国人気ラジオDJと激論

どちらも領有に歴史的根拠がたくさんあるということであるので、やっぱり再度根拠同士を公式に突き合せましょう。両国民が納得するように。

日本人にも、戦後政治や教育の背景があって、歴史認識や政治認識ができあがってきているように、韓国にも、戦後独立や分裂時の政治や教育の背景があって、今の認識が出来上がってきていると思います。それらを清算するよいチャンスととらえ、歴史認識の共有を図っていくことは、両国にとって、決して損にはならないでしょう。雨降って地固まるとなればよいのですが。

まえに、独島運動家はいても、独島研究家はいないという記事は東亜の社説でした。独島研究家は少ないでしたの誤りでした。すみません。朝鮮日報ではありませんでした。
東亜日報4/26[社説]独島問題、堂々としつつ冷静に対応すべきだ
posted by ヒロ at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

日本外交<コラム> 日本外交3人組の血統が物語る

<コラム> 日本外交3人組の血統が物語る朝鮮日報ではなく、

中央日報のコラムです。たしかに小泉、安倍、麻生の血筋はそういう血筋なんですが、全体主義とかポピュリズムとか民族主義DNAというのがあるわけでもないと思いますから、いまの政治を当時からの血筋のせいにするのは無理があると思います。

問題解決のためには、歴史心理学の研究をすることよりも、歴史的事実の研究をすることをお薦めします。その上で、お互いの利益のためにはどうするのがよいのか交渉しましょう。

中韓が期待するであろう福田康夫元官房長官だって、岸信介に仕え、日中共同宣言を進める田中角栄と対決し、台湾支持をしていた、自民党右派の福田元首相の息子ですからね。
posted by ヒロ at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独島対応「日本はすでに独島対応シナリオを準備」

「日本はすでに独島対応シナリオを準備」
「日本、長期間にわたる報復の可能性も」 朝鮮日報

日本は、国際紛争に武力行使することはない。武力威嚇で取り返そうとすることもない。それは心配しなくていい。朝鮮日報さん。
国際司法裁判所については、何度か外務省が呼びかけているが韓国側が拒否していること。日本側は国際司法裁判所で裁判する際の資料はそろえてあるだろうと思う。

経済関係は別です。そんなにケチじゃないと思います。
国連事務総長はだめでしょうね。支持できないという話は、今回以前からずっとありましたので。今回の問題で決定的にダメ押しになったかもしれません。

1997年の通貨危機のとき日本は冷たかったという分析は違うと思いますよ。欧米の方が先にひきあげちゃったわけですから。どこが冷たかったと分析されているのか示さないと。国民に誤った認識を植えつけてしまいます。

日本側も、領土問題では主張を曲げず、結局は進展させることができていない。実質的に領有できていないのは、竹島と北方4島だが。
外交交渉は、押したり引いたり、それで実をとる方法とすることが必要だと思う。

興味ある提案 竹島と日本海の交換

竹島問題の韓国ノムヒョン大統領談話 正々堂々事実を積み重ねて交渉を

よくチェックしているブログの記事と関連した記事があったので。
posted by ヒロ at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

海洋調査 【海洋調査】「騒ぎ立てるのは得策とはいえない」

【海洋調査】「騒ぎ立てるのは得策とはいえない」朝鮮日報

韓国内では、大統領談話と今後について、賛否両論あるようですね。
実効支配しているという実績があるからでしょう。
海底の地名をどっちの名前をつけるかなんて、韓国にとっても、実は実益はあまりないでしょう。騒ぎ立てないで、実効支配していたほうがずっとお得というふうにも考えられるわけです。何もしなけりゃ、日本政府も船出したりしなかったでしょうし。
posted by ヒロ at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 朝鮮日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。