朝鮮日報中央日報東亜日報の日本語版で隣人の朝鮮・韓国を知ろう。
チケットぴあ

 ソニーはなぜサムスンに抜かれたのか 「朝鮮日報」で読む日韓逆転 (文春新書) (新書) / 菅野朋子


2008年03月23日

北朝鮮による外国人拉致被害者 朝鮮日報

朝鮮日報コラム 北朝鮮による外国人拉致被害者

『韓国はもちろん、日本・フランス・イタリア・オランダ・中国・タイなど12カ国の約520人が拉致された』

韓国政府は拉致のことに触れないようにしているようですが、新聞は違います。韓国の新聞は反現政権が多いですね。
かといって、日本にやさしいわけではないですが。

でも、日本のことはよく取り上げていると思います。日本の新聞は韓国のことをほとんど取り上げないのに。というか、日本の新聞って、日本以外のことをあまり大きくとりあげませんよね。

一般受けするのは国内の叩きやすい人を叩くことだからでしょうか?

六カ国協議休会というこの時期ですが、朝鮮日報はコラムで、北朝鮮による外国人拉致の問題を取り上げました。
北朝鮮批判も交えて。

現政権の発言や、行動をみて、韓国という国を判断してはいけない。
posted by ヒロ at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮日報 中国北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

【核開発】中国軍部「北への援助を全面中止せよ」

朝鮮日報 【核開発】中国軍部「北への援助を全面中止せよ」

香港の月刊誌の内容を伝えたものですが、この香港の月刊誌の内容が本当であると、中国は北朝鮮がこれ以上なにかすると、かなり強硬な制裁に動くような内容です。

北朝鮮の体制が崩壊することも許容するということでしょうか?

そこまで中国は考えているのかどうか。

香港とは言え、今は中国の中に入ってしまったところですから、中国政府の意図とは全く異なることとか、反することはかけない状態ではあると思うのですが。

メッセージでしょうか?ブラフでしょうか?北朝鮮に対しての。

これ以上やると、中国ももうかばうことはできないぞという。

北朝鮮はどういう風にこれから動いてくるのか?

まさに、70年前の日本の状況をみるようですが、北朝鮮に日本はどうなったのかちゃんと国際的なチャンネルを使って、日本から伝えてくれないでしょうかね。

朝鮮日報【核開発】韓国軍、核戦争に備え戦略修正

韓国軍はシミュレーションをしているようです。

【社説】ヨルリン・ウリ党は新党結成の前に国民に公式謝罪すべき

韓国与党の支持率は10%程度、野党のハンナラの3分の1だそうです。

それでも韓国大統領は、そのまままだ続けるのです。

日本の首相だったら、とっくに退陣なんだけど。
posted by ヒロ at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝鮮日報 中国北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

北朝鮮【核開発】盧大統領「太陽政策を主張し続けるのは困難」

北朝鮮【核開発】盧大統領「太陽政策を主張し続けるのは困難」 朝鮮日報

盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領はこのまま太陽政策を続けるのでしょうか、それともこれを機会に転換するのでしょうか。

北朝鮮は明らかに、援助されている分を人民に恩恵を与えるような使い方をしたのではなく、軍事的目的に流用してしまっている。そして、隣国韓国、日本に脅威を与えている。北東アジア情勢が緊迫しているって話もありますし、北朝鮮が核をもったことで、これからの時代、核不拡散を目指してきたのに、核拡散時代とか核散乱時代になってしまうということも言われている。北朝鮮は、今後恫喝方法として核を使うという方法ではなく、核を散乱させるという恫喝にでてくるんじゃないかという見方。それで、国際社会に対しての崖っぷち外交、瀬戸際外交を続けていくって。

を持っていない国に渡すとか、テロリストに渡すとか、北朝鮮にはミサイル輸出という前科もある。

イランとはまだ取引しようとしている動きはないとアメリカはみているらしいっていう報道はあるんですが、今後はどうでしょうね。でもイランも、北朝鮮と組むようになったら終わりですよ。もし北朝鮮と取引したら国際社会から無法者のレッテルを貼られるのは逃れられない。

手段を選ばずという組織や国が北朝鮮と取引するかもしれません。

まだまだ核兵器を使ってくるってことはないと思います。使ったら最後、国体が滅ぶだろうぐらいはわかっているだろうから。
でも恫喝外交は続くでしょうね。

問題は韓国です。国民に信頼されない大統領、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領と政府はどう動いていくでしょうか。しっかり国際協調してくれるでしょうか。

国連事務総長は安保理決議を最大限尊重しないとならない人ですしね。そういう人を今度、出すんだから。ここでまた北朝鮮よりのことを続けていたら、ますます国際的な地位低下を招くでしょう。ウォン高で経済的にも苦しくなっているのに、政治的にも地位低下を招いて埋もれていく。

軍事統制権も今の大統領のままだと、早期に韓国に返すってことが決まりそうです。でも軍事統制権が返されるころには大統領も与党も変わっていそうです。望んでいないのに、前の大統領のおかげさまで返していただきましたということになっちゃうんでしょう。

子どもたちを前に、支配する階級と支配される階級って話をして、わかりましたか?なんて聞いている盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領

これを機会に、考えを改めてくれないものでしょうか?

韓国国民もこの盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の今の行動は望んでいないはず。弾劾とまでは行けないのでしょうね。まあ、今は弾劾なんてやってる場合じゃないでしょうが。




posted by ヒロ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 朝鮮日報 中国北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

北朝鮮【核開発】北「核実験成功」発表

【核開発】北「核実験成功」発表

北朝鮮 核実験 やってしまいました。
安倍首相が中国と首脳会談し圧力をかけると同意した翌日であり、韓国と首脳会談する日です。

北朝鮮にはまともな国際情勢の判断力があるのでしょうか?

北朝鮮の自制というのは効くのでしょうか?

北朝鮮は国際社会に耳を貸すのでしょうか?

NPT 核不拡散条約なんか無視し、6カ国協議も無視、国連の安保理議長声明も無視。

なんて危ない国を、日本と韓国は隣に持ってしまっているんだろう。

韓国は緊急会議に入っているようですが、安倍首相は首脳会談をどうするんでしょうね。緊急共同声明でもだせばどうですか、韓国といっしょに。
そうすると、最近孤立気味だった韓国も表に立てるでしょうし、日中韓米の共同包囲網ができあがることになる。

しかし、包囲された北朝鮮はどうでるでしょうか?経済制裁され、包囲された北朝鮮はどうでるでしょうか?
戦争するような力はあまりないとは思うんですが、それでも戦争した国が日本でした。

あなたたちは、あのときの日本のようなことをやるんですか?といいましょうか?

だけでどうにかなるわけでなく、もし核を撃つようなら狂った政権といわざる終えない。今の状況でもそうとう狂っている。このうえを撃とうという動きまでみせたりすると、トマホークやバンカーバスターとかがアメリカから飛んでくるんじゃないですか。

核実験して、をもってもどうしようもない。自国の人民を飢えさせているだけ。の抑止力にをもつというのも、浅はかではあると思う。

が日本や韓国にあろうがなかろうが、撃つときは撃つだろう。だって撃ったときが北朝鮮という国の終わり。自国のとどめになる核を撃つなんて、狂っているとしかいいようがない。そんな国なら相手がをもっていようがいまいがどっちでも撃つときは撃つでしょう。自己破滅するのに。

を無力化する方法がないものか?もしもの場合に備えた自衛の手段は必要だと思うし、撃たれたときに抑撃すること、撃とうとしている基地を叩くこと、そういったことは十分考えていいんじゃないか。



万が一の場合に備えるのが危機管理です。

韓国ともよく話し合ってきてほしい。
posted by ヒロ at 14:30| Comment(0) | TrackBack(2) | 朝鮮日報 中国北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

盧武鉉政権【コラム】盧武鉉政権の「安保独裁」

朝鮮日報 【コラム】盧武鉉政権の「安保独裁」
朝鮮日報 盧大統領「日本とは対決しなければならない」

北朝鮮問題で盧武鉉政権も窮地ですね。
まだ任期がだいぶ残ってはいるのですが。

それにしても盧武鉉大統領の発言は、ちょっと軽率であり、由々しき発言ではないか?アメリカとは友邦だから責める事はできない。しかし、日本とは対決する。日本は韓国の友邦ではないと言っていることになるではないですか。日米韓同盟って何?盧武鉉大統領にとって。

アメリカも盧武鉉大統領のことは疎ましく思っているんじゃないか?韓国にとって、日本は友邦ではないということをこんだけはっきりと言う大統領なんて。

朝鮮日報 「韓半島分断の発端は日本の植民地支配」

韓国、北朝鮮の統一のために、中、露、日、米の協力が必要だということなんですが、北朝鮮の政権と、韓国の政権は全く違うもの、北朝鮮はハンナラ党が政権をとったら火の海にするとまで言っている政権です。この2つの国をどう統一させればよいのでしょう。日米にとって考えられるのは統一ドイツの形でしかないのではないか。社会主義政権が崩壊し、西ドイツに吸収された形式。それとも1国2制度か?それにしても制度が違いすぎる。周辺4大国は、協力せよといわれてもどう協力すればよいのか。まずは自分でどういう統一が考えられるのか考えて欲しい。
それに協力してくれっていうのであれば、理解できるが。

posted by ヒロ at 13:57| Comment(0) | TrackBack(2) | 朝鮮日報 中国北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

青瓦台【社説】青瓦台・内閣外交安保チームが責任を取るべき

中央日報 【社説】青瓦台・内閣外交安保チームが責任を取るべき
朝鮮日報 【社説】対北決議案では仲間外れ、北からは平手打ち
朝鮮日報 【社説】韓国の国会委員長は北朝鮮最高人民会議の委員長なのか

韓国政府、大統領、外交安保と、北朝鮮に対しての対応については、もうたたかれっぱなしです。ハンギョレ日本語版ってないようなのでみてないので、ハンギョレはどういっているのかわからないですが、ハンギョレは政権よりですからね。

北朝鮮には平手打ち、日米からも中ロからも仲間はずれ。北朝鮮外交に対して、国際的に役に立つ国と評価されていない。もうこれは今の政権の責任と攻め続けることになるわけです。

テレビで街頭インタビューなんかをやっていて、日本よりも北朝鮮を脅威に思っていない人はだいぶ多いようではありますが。

決議案は全会一致で通りました。しかし北朝鮮は史上最速の速さといわれる拒否の声明をだしました。社説等は、決議案採択前の話ではありますが、採択後のニュースとしての韓国政府の対応も出ていますが、いまさら遅いという反応が予想されますね。

中央日報 政府「北、状況悪化させずに6カ国協議復帰を」
posted by ヒロ at 21:55| Comment(2) | TrackBack(1) | 朝鮮日報 中国北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

盧大統領【社説】 沈黙破った盧大統領の見当違いなミサイル発言

朝鮮日報 【社説】 沈黙破った盧大統領の見当違いなミサイル発言
朝鮮日報 【社説】「核とミサイルで韓国を守っている」という北朝鮮

盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の任期はまだ来年いっぱい再来年の頭まであるんですよね。朝鮮日報が社説で言っていることは当然のことで、国際社会からも大韓民国は何しているんだというように見られてしまうでしょう。
北朝鮮からもミサイルで守ってやっているなんて言われて、それでも強硬な姿勢にはでない。任期はまだまだあるんですが、人気はぜんぜんないのでしょうね。

朝鮮日報 【ミサイル発射】韓国人「北に強力な制裁が必要」53.6%

国民からも政府の北朝鮮政策は支持されていません。でも制裁決議案は中ロの非難決議案とお互いまだ歩み寄りをしないとまとまらないですね。制裁の実効力を優先するか、それとも国際社会の一致した意思を北朝鮮に突きつけることを優先するか。アメリカの資金凍結はけっこう効いているみたいではありますが、韓国と中国が経済制裁に同調しないと他の国がやっても実効力は少ない。でも、日本はまだまだできることがあるって話を佐藤優氏が言ってましたね。SAPIOでですが。北朝鮮への資金源を断つのを徹底的にやるということ、北朝鮮との付き合いがあるところを脱税や様々な犯罪での国策捜査、北朝鮮への送金に関係する人間や企業名をリークして、社会的地位を落とす。

朝鮮日報 【国連事務総長選】潘基文長官に追い風!?

これ、記事をみるとなんとなく発言力の低い人が国連事務総長になったほうが、アメリカにとってはやりやすいって言われてるってことじゃないですかね。今の韓国政府の状況じゃ、ますます国際的発言力は落ちそう。
posted by ヒロ at 19:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 朝鮮日報 中国北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

ミサイル【ミサイル】これでも「脅威ではない」と言えるのか

朝鮮日報 【ミサイル】これでも「脅威ではない」と言えるのか

朝鮮日報記者の韓国政府に対して、対応のもどかしさを訴えた記事です。
韓国政府のある幹部が9日、「北朝鮮のミサイル発射は安全保障上の脅威ではない」との趣旨の発言をし物議を醸している。果たしてこの幹部がこのような北朝鮮ミサイルの実態を十分に分かった上で発言したのかと思うと非常にもどかしい。』

たしかに、日本以上に脅威に感じていいはずの韓国であり、政権交代は目に見えているので、野党ハンナラ党が政権をとったら、火の海にするといっている北朝鮮を脅威に感じないはずはないのですが。

昨日は、日本は過剰反応だ批判した朝鮮日報ですが、今度は社説で矛先は韓国政府に向きました。日本の先制攻撃論を導き出したそもそもの原因は北朝鮮なのに、なんで北朝鮮をなんとかしようとしないのかということです。
そりゃそうですよね。スカッドミサイル韓国攻撃演習ですよ。ノドンは日本攻撃演習で、テポドンはアメリカ攻撃演習です。ミサイルが自分の国に向いていて、今にも発射されるかもしれない。発射するって言っている国がすぐ近くにあるんですから、それに対処する発言は出てもよいと思うんですが、韓国政府からは出てきません。日本政府は言い方に気をつけないとならないとは思いますが、あんまり韓国を刺激するような言い方をしないことです。言ってもいいと思いますが、言葉は慎重に選ばないと。
単に危険を避けるための先制攻撃といってしまうと、アメリカがやっていることもそうなんだから、歯止めが利かなくって危ないと感じられてることもあります。

朝鮮日報 【社説】韓国政府は日本に先制攻撃の口実与えた北になぜ何も言わないのか

でも、韓国政府は、先制攻撃論の話にしても、半島への先制攻撃という言い方をするんですね。日本は北朝鮮への先制攻撃の話をしているんですから。半分は対象外なのに。

韓国政府は本当に北朝鮮に抑えられているのか?それとも同じ民族だからということで言っているのか?あるいは北朝鮮に有事が起こったら当然韓国は巻き添えを食い被害は大きいということを恐れているのか?どういう理由が強いんでしょうね。

北朝鮮問題に関して、解決に向けて、中国による説得と言うのは期待されている面もありますが、韓国政府にはあまり誰も期待していないのは確かなようです。でも、中国も説得しているのか、それとも承知済みで北朝鮮を操っているのか、よくわからない国ですからね。




posted by ヒロ at 09:54| Comment(4) | TrackBack(3) | 朝鮮日報 中国北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

先制攻撃論【社説】国家としての良心を失った日本の先制攻撃論

朝鮮日報 【社説】国家としての良心を失った日本の先制攻撃論

朝鮮日報 【コラム】ミサイル食らった韓国の太陽政策

中央日報 「日本、韓半島緊張意図的に造成」…韓日正面衝突
中央日報 青瓦台「日、侵略主義的性向表した」

中央日報 【社説】ミサイル、日本過剰反応も問題

そろいもそろって過剰反応なわけです。

日本側の閣僚の発言には過剰というより慎重さが足りないといったほうがよいでしょうか。

朝鮮日報は歴史や民族性に絡めてますが、それはそんなことはない。朝鮮日報の過剰反応というもので、うがちすぎというものです。まあ、ただコラムで韓国に向けられたスカッドのことも言ってますから、日本に対したうがった見方と韓国政府に向かった平和ボケ批判があるわけですが。

日本側の閣僚発言も、しっかりと真意を伝えるような慎重さがある発言かと言うとそうでもない。ミサイルが今まさに日本に向けて放たれようとしている緊喫の状態になったときに日本はどうするのかということを研究しないとならないという、あくまでも切迫した状況になった場合どうするかということをいいたいわけですが、発言の仕方がみんな軽い。ミサイル防衛力強化にしても、軍事力強化なのかミサイルに対しての自衛力強化なのか正確なメッセージとして伝わっているようには思えない。日本の今の軍事力に他国へ攻め入るような戦力は備わっていないということも伝わっているのかどうか?
単純に軍事力強化と捉えるのは、捉えるほうが悪いのか、捉えられたほうが悪いのか?どっちもどっちという気もしないでもない。

たとえ、朝鮮日報が例にあげているような北海道が占領されているという民族分断国家になっていたとしても、その北海道を占領している何者かが、今にもミサイルを発射しようとしているとした場合、どう対処するかは早期に研究し危機管理を固めておかないとならないこと。韓国はスカッドに対して、北朝鮮難民が大挙してやってきた場合に対して、何も考えていないというのか?
今の政権はそんなことは考えていないのかもしれない。しかし、それはそれで問題だろう。

韓国は今回の決議案は反対だそうです。
第7章 平和に対する脅威、平和の破壊及び侵略行為に関する行動によるところをもって反対している。中国の主張と同様ですね。

これは即軍事力による制裁を行うことに直結するものではありません。安保理決議に対して関係当事国(北朝鮮)が従わない場合、まずは兵力を伴わない措置がこうじられるわけですが、国連加盟国に対しての措置の適用を要請することができるということなんです。この7章に基づかないと関係当事者国(北朝鮮)になんらかに要求もできず、必要な措置を国連加盟国に要請するという効果も出てこない。

軍事制裁は、兵力を伴わない措置でもだめだった場合に発動されるものであり、軍事制裁の内容もまた安保理で決議されないとならないわけです。

第41条

 安全保障理事会は、その決定を実施するために、兵力の使用を伴わないいかなる措置を使用すべきかを決定することができ、且つ、この措置を適用するように国際連合加盟国に要請することができる。この措置は、経済関係及び鉄道、航海、航空、郵便、電信、無線通信その他の運輸通信の手段の全部又は一部の中断並びに外交関係の断絶を含むことができる。

第42条

 安全保障理事会は、第41条に定める措置では不充分であろうと認め、又は不充分なことが判明したと認めるときは、国際の平和及び安全の維持又は回復に必要な空軍、海軍または陸軍の行動をとることができる。この行動は、国際連合加盟国の空軍、海軍又は陸軍による示威、封鎖その他の行動を含むことができる。

posted by ヒロ at 14:47| Comment(3) | TrackBack(1) | 朝鮮日報 中国北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

太陽政策【ミサイル発射】太陽政策が生んだ「平和ボケ」

朝鮮日報 【ミサイル発射】太陽政策が生んだ「平和ボケ」

朝鮮日報、中央日報、東亜日報というのは、韓国のテレビからは、政府批判も多いため批判対象になっているそうです。今回の記事も、平和ボケを太陽政策が生み、北朝鮮はその間せっせと核開発とミサイル開発に励んでいたというような内容の記事であり、思いっきり現政権批判です。これらの新聞は、政府よりの新聞ハンギョレからも批判されていて、韓国では朝鮮日報や東亜日報は親日とまで言われてしまうようで、日本よりの記事を掘り起こされては批難される。韓国で親日っていうのは非国民って言われるようなものですから。

ところで、日本のテレビですが、ちょっと気になったので、一昨日のフジテレビCXの朝8時からの小倉さんの出ている番組で、朝鮮日報ミサイル発射の再度発射はないという報道をしていますみたいなことを言ってました。これは朝鮮日報が社説や論説で言ったことではありません。韓国軍当局がミサイル発射の兆候はないと言ったと報道したのであって、朝鮮日報の見解でもなんでもない。韓国の大手新聞が北朝鮮がこれ以上ミサイル発射はない、ひいては韓国国民世論もそんな感じだというようなふうに見えてしまう伝え方でした。日本のテレビの伝え方にも問題がありますね。朝鮮日報は、ミサイル発射はないなんて言っていなくて、政府のそういう態度を批判しており、平和ボケを引き起こしていると言っているのです。

マスメディアは大きければ大きいほど、世論への影響だって大きいのですから、きちんと正しく報道してもらいたいものです。また、マスメディアの報道することが正しいわけではないということを国民もよく知っておくようにしましょう。

こんな報道の仕方、あちこちで見かけます。
posted by ヒロ at 09:27| Comment(11) | TrackBack(14) | 朝鮮日報 中国北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。